,

ピーマンの付け合わせ


ピーマンが子どもに嫌われる一番の理由は苦みです。でもピーマンは茹でるとその苦みが消えるのです! おいしいピーマンの離乳食でピーマン大好きなお子さんにしましょう!

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
ピーマン 50g(1.5個)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
ポン酢 大さじ1/2

作り方

  1. ピーマンをお好みのサイズに切り、沸騰したお湯で10秒〜1分程度茹でます。シャキシャキ感が好きな方は短くても大丈夫です
  2. 付け合わせとして主菜に添えて、ポン酢などでいただきます。
◎離乳食(中期):作り方
ピーマンの付け合わせ 離乳食中期
①で大人分を鍋から取り出します
材料目安:ピーマン5g(細切り1本)
追加材料:バナナ10g(一口大)
  1. ①の鍋で茹でているときに大人分だけ鍋から取り出します
  2. 離乳食分はクタクタになるまで茹でてから細かく刻みます。
  3. 細かく切ったバナナと合わせます。
◎離乳食(後期):作り方
ピーマンの付け合わせ 離乳食後期
①で大人分を鍋から取り出します
材料目安:ピーマン8g(細切り1.5本)
追加材料:バナナ10g(一口大)
  1. ①の鍋で茹でているときに大人分だけ鍋から取り出します
  2. 離乳食分はクタクタになるまで茹でてから5mm角に刻みます。
  3. 5mm角に刻んだバナナと合わせます。
完了期:作り方
ピーマンの付け合わせ 離乳食完了期
①で大人分を鍋から取り出します。
材料目安:ピーマン10g(細切り2本)
追加材料:かつお節少々
  1. ①の鍋で茹でているときに大人分だけ鍋から取り出します
  2. 離乳食分はクタクタになるまで茹でてから1cm角に刻みます。
  3. かつお節と合わせます。

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理



関連レシピ

  1. 鰹と昆布のうまみで味わう夏野菜のだし浸し

    だし浸しの基本の作り方です。ほうれん草やアスパラガス、皮をむいたトマトなど、季節の野菜を使って色々なアレンジが楽しめます!

  2. 桜エビと白菜のうま煮

    昆布の出汁と桜エビでうま味の相乗効果が得られます!大人の分は作り置きにも使える一品です。

  3. 離乳食もクリスマス!ブロッコリーでツリーサラダ

    ブロッッコリーで作るクリスマスツリーのサラダ。土台に使うじゃがいもは、生クリームを使ったマッシュポテトやマヨネーズで和えるポテトサラダが定番ですが、今回は離乳食にも取り分けられるように牛乳で作ります。 ※牛乳はアレルギーの心配があるため初めての場合には少量ずつ与えましょう

  4. アスパラの爽やかヨーグルトサラダ

    春から初夏にかけて旬のアスパラガスですが、輸入品も多くスーパーなどでは一年中見られる野菜。可愛い形と綺麗な色を活かして、さっぱりとヨーグルトで和えてサラダにしました。

  5. トマトとオレンジのサラダ

    離乳食の乳幼児向けのトマトサラダです。オレンジの甘さが酸っぱいトマトを果物のようなおいしさに変えてくれます。

  6. 香りのよい春菊のおひたし

    シャキシャキして香りのよい春菊のおひたしです。大人にとっては香り高い冬の味覚ですが、赤ちゃんは独特な香りを好まない場合もあります。小松菜やほうれん草で代用してください。

ページ上部へ戻る