離乳食もおせち料理!かぼちゃきんとん


栗の甘露煮を使用する栗きんとんは、砂糖を多く使用しているため離乳食のとりわけには向きません。そこで自然な甘さが美味しく、カロテンなどの栄養素が豊富なかぼちゃを使ったきんとんを紹介します。

分量(2人分)

材料 分量(2人分)
かぼちゃ 200g
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
砂糖 小さじ2

作り方

  1. かぼちゃのワタと種を取り除き、皮を切り落として1cm幅のくし切りにする。
  2. 1を耐熱ボウルに入れてラップをふわりとかけて600wの電子レンジで4分加熱する。
    ※取り出すときに熱いので気をつけてください
  3. 2に砂糖を加えフォークで潰し、ラップで丸く形成する
◎離乳食(中期):作り方
大人の工程②で砂糖は加えず飲み込みやすいようにヨーグルトやジュースでのばします。
材料目安:かぼちゃ20g、プレーンヨーグルト(もしくは子供用果汁ジュース)小さじ2
  1. 大人の工程③で離乳食分を取り分け、ヨーグルトや子供用果汁ジュースで食べやすい固さまで伸ばす。
◎離乳食(後期):作り方
大人の工程③で砂糖を加えるまえに潰して離乳食分を取り分けます。
材料目安:かぼちゃ30g
  1. 大人の工程②で砂糖を加えるまえに潰して離乳食分を取り分け、丸く形成する。
◎離乳食(完了期):作り方
大人の工程③で砂糖を加えるまえに潰して離乳食分を取り分けます。
材料目安:かぼちゃ30g
  1. 大人の工程②で砂糖を加えるまえに潰して離乳食分を取り分け、丸く形成する。

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. 貧血予防に!ほうれん草とじゃが芋のわさびマヨ和え

    ほうれん草が嫌いな赤ちゃんも、じゃが芋とあえて甘みを出すことで食べやすくなります。パパママはわさびの風味が良いアクセントです。男爵いもを使用していただくことで全体の馴染みがよくなるのでおすすめです! ※ほうれん草に多く含まれる鉄分は非ヘム鉄といって吸収され辛いためじゃが芋のビタミンCと一緒に摂取して吸収率をUPします。

  2. かぼちゃの鶏そぼろあん

    もともとシンプルな味付けの料理なので離乳食の完了期(進み具合によっては後期)には大人と同じ味付けのものを少し薄めて提供します。離乳食を味なしで作る場合には後から味をつけますが、片栗粉でとろみをつけることで味のなじみを良くします。

  3. カリフラワーと人参のサラダ

    コリコリカリカリ、ポリポリと食感が変わっていくカリフラワーの旬は11〜3月。ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという 特徴があります。味に特徴がないので、オレンジの甘さ酸っぱさ、リンゴのさわやかな甘味など果物と組み合わせると離乳食が進みます

  4. ピーマンの付け合わせ

    ピーマンが子どもに嫌われる一番の理由は苦みです。でもピーマンは茹でるとその苦みが消えるのです! おいしいピーマンの離乳食でピーマン大好きなお子さんにしましょう!

  5. 香りのよい春菊のおひたし

    シャキシャキして香りのよい春菊のおひたしです。大人にとっては香り高い冬の味覚ですが、赤ちゃんは独特な香りを好まない場合もあります。小松菜やほうれん草で代用してください。

  6. 高野豆腐の煮もの

    高野豆腐は戻し不要のものから30分かけて戻すものまでいろいろ種類があります。戻し方も水を使うものやぬるま湯、熱湯、いろいろありますが、このレシピでは離乳食ということでふんわり柔らかく仕上がるように熱湯(80°C)を使用しています。

ページ上部へ戻る