,

鳥ひき肉の肉団子スープ


鳥ひき肉はお肉をかみ切れない乳幼児には便利な離乳食材です。大人用には肉団子にすることで歯ごたえとボリューム感を出し、スープにすることで季節の野菜をたっぷり取りましょう。
※肉団子は喉に詰まらせる恐れがあるので乳幼児には丸いまま与えず潰してください

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
鳥ひき肉 60g
長ネギ 20g(鍋用斜め切り3つ)
大根 20g(輪切り5mm)
人参 15g(輪切り1.5cm)
出汁 昆布で180cc
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
塩(肉団子用) ひとつまみ少々
酒(肉団子用) 少々
コショウ(肉団子用) 少々
醤油(スープ用) 大さじ1

作り方

  1. 煮鳥挽肉に刻んだ長ネギを入れて酒と塩胡椒を振り、団子状にします。
  2. 鍋に水とだし昆布を入れ、火にかけます
  3. 沸騰したら昆布を取り出し、短冊切りにした人参と大根を入れます
  4. もう一度沸騰したら肉団子を入れ火が通るまで煮ます
  5. 醤油で味をつけます
◎離乳食(中期):作り方
鳥ひき肉の肉団子スープ 離乳食中期
③の行程で人参と大根と出汁を取り分けます
材料目安:鳥挽肉15g、長ネギ5g(鍋用斜め切り1個弱)、大根10g(半月切り5mm)、人参10g(輪切り1cm)、出汁用だし昆布5cm程度
  1. ③の行程で人参と大根と出汁を取り分け、小鍋でクタクタになるまで弱火で煮ます
  2. 離乳食用の鳥ひき肉を入れ、完全に火を通します
  3. 野菜を細かく刻んで盛りつけます
◎離乳食(後期):作り方
鳥ひき肉の肉団子スープ 離乳食後期
①で肉団子を作る際に塩胡椒をする前に離乳食分を取り分けます。離乳食分を丸めてから5mm弱の厚さに潰します
③の行程で人参と大根と出汁を取り分けます
材料目安:鳥挽肉15g、長ネギ5g(鍋用斜め切り1個弱)、大根10g(半月切り5mm)、人参10g(輪切り1cm)、出汁用だし昆布5cm程度
  1. ①で肉団子を作る際に塩胡椒をする前に離乳食分を丸めてから5mm弱の厚さに潰します
  2. ③の行程で人参と大根と出汁を取り分け、小鍋でクタクタになるまで弱火で煮ます
  3. 離乳食用の肉団子を入れ、完全に火を通します
  4. 野菜を5mm角に切り肉団子を幅5mmのスティック状に切って盛りつけます
完了期:作り方
鳥ひき肉の肉団子スープ 離乳食完了期
①で肉団子を作る際に塩胡椒をする前に離乳食分を取り分けます。ぶんを丸めてから5mm弱の厚さに潰す
③の行程で人参と大根と出汁を取り分けます
材料目安:鳥挽肉20g、長ネギ5g(鍋用斜め切り1個弱)、大根15g(輪切り5mm弱)、人参15g(輪切り1.5cm)、出汁用だし昆布5cm程度
  1. ①で肉団子を作る際に塩胡椒をする前に離乳食分を丸めてから5mm弱の厚さに潰します
  2. ③の行程で人参と大根と出汁を取り分け、小鍋でクタクタになるまで弱火で煮ます
  3. 離乳食用の肉団子を入れ、完全に火を通します
  4. 野菜を1cm角に切って盛りつけます

このレシピの注意点!

※肉団子は喉に詰まらせる恐れがあるので丸いまま与えず潰してください

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. ほんのり甘いキャベツとサツマイモの味噌汁は離乳食にピッタリ

    キャベツとサツマイモの味噌汁はほんのり甘くて乳幼児好み。完了期からは大人と同じ味噌汁を作って、3倍に薄めたものを離乳食として利用できます。

  2. コクうま和風ラタトゥイユ

    だし汁を使った和風のラタトゥイユはお味噌でコクを出します! ※だし汁は家でとったものか、市販のものであれば必ず調味料の入っていないものを使用します

  3. 香りのよい春菊のおひたし

    シャキシャキして香りのよい春菊のおひたしです。大人にとっては香り高い冬の味覚ですが、赤ちゃんは独特な香りを好まない場合もあります。小松菜やほうれん草で代用してください。

  4. 貧血予防に!ほうれん草とじゃが芋のわさびマヨ和え

    ほうれん草が嫌いな赤ちゃんも、じゃが芋とあえて甘みを出すことで食べやすくなります。パパママはわさびの風味が良いアクセントです。男爵いもを使用していただくことで全体の馴染みがよくなるのでおすすめです! ※ほうれん草に多く含まれる鉄分は非ヘム鉄といって吸収され辛いためじゃが芋のビタミンCと一緒に摂取して吸収率をUPします。

  5. ほうれん草のナムル風

    ごま油と醤油で味つけるほうれん草のナムル風。ビタミンA(ベータカロチン)は油を同時に摂取すると吸収されやすくなります。離乳食としても栄養たっぷりのほうれん草はおすすめの食材。今回はヨーグルトを使いましたが、リンゴのすりおろしを合えてもいいですよ。

  6. ピーマンの付け合わせ

    ピーマンが子どもに嫌われる一番の理由は苦みです。でもピーマンは茹でるとその苦みが消えるのです! おいしいピーマンの離乳食でピーマン大好きなお子さんにしましょう!

ページ上部へ戻る