ブロッコリーとチーズのオムレツ


とろりとした半熟卵に程よく溶けたチーズがよく合います。ブロッコリーで栄養もプラス!

分量(1人分)

材料 分量(1人分)
全卵 2個
ブロッコリー 30g
プロセスチーズ 1/2ピース
牛乳 大さじ1
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
バター 5g
塩こしょう 少々

作り方

  1. ブロッコリーを2cm角ていどの小房に分ける。チーズは1cm角に切る。
  2. 小鍋に水を入れて火にかけ沸騰したらブロッコリーを茹で、ざるに上げておく。
  3. 卵をボウルに割り入れよく溶いたら牛乳と塩こしょうを加えさらに混ぜ、2のブロッコリーと1のチーズを合わせておく。
  4. フライパンを熱し卵を少量垂らしてすぐにジュッと音がするくらいまで温まったら3を流し入れて大きく混ぜ、半熟状態で手前側に寄せ形を整え盛り付ける。
◎離乳食(中期):作り方
オムレツの具をご飯と一緒に煮てブロッコリー入りのたまご粥にします。
材料目安:ご飯30g、水80ml、卵1/3個、ブロッコリー穂先5g
  1. 大人のレシピ工程1で茹でたブロッコリーの穂先を取り分けて細かく刻む。
  2. 耐熱皿にご飯と水、1のブロッコリーを入れたらラップを少し開けてかけ600wで2分加熱したら一度取り出し(※熱いので気をつけてください)溶き卵を加えて全体をかき混ぜる。
  3. さらにラップを少し開けてかけ1分加熱します。
  4. そのまま10分ほどおいて蒸らします。
◎離乳食(後期):作り方
大人も塩こしょう無しにすると焼く直前まで同時に作れて簡単です。
材料目安:全卵1/2個、ブロッコリー適量、チーズ 少々、牛乳 少々
  1. 大人の作業工程3まで同時に作り、塩こしょうしない状態で取り分けておきます。
  2. 大人のオムレツを先に作り、余分なバターを拭き取り離乳食用のオムレツを作ります。
  3. フライパンの手前側に1の卵液を流し菜箸でかき混ぜます。
  4. ほぼ火が通った状態で形を形成して中心まで火を通したら盛り付け、赤ちゃんの口に入る大きさにすくって与えます。
◎離乳食(完了期):作り方
オムレツを焼く直前の工程まで同時に作ることができます。
材料目安:全卵2/3個、ブロッコリー適量、チーズ 少々、牛乳 少々
  1. 大人の作業工程3まで同時に作ります
  2. 大人のオムレツを先に作り、余分なバターを拭き取り離乳食用のオムレツを作ります。
  3. フライパンの手前側に1の卵液を流し菜箸でかき混ぜます。
  4. ほぼ火が通った状態で形を形成して中心まで火を通したら盛り付け、赤ちゃんの口に入る大きさにすくって与えます。

このレシピの注意点!

1、牛乳、卵共にアレルギーの可能性が高い食材です。しっかりと加熱をしてから与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です


関連レシピ

  1. タラとほうれん草のパスタ

    冬が旬のタラはタラちりでお鍋で食べる方が多い魚ですが、淡白な白身魚ですから和洋中どんなどんなレシピにも合う魚です。今回はスパゲティの具として使います。

  2. 白菜を使ったサクふわお好み焼き

    キャベツではなく白菜を使ったお好み焼きです。サクサクふわふわな食感でジューシー。白菜の葉先は火が通りやすいので離乳食用のお好み焼きを作るときにオススメです。白菜がたくさんある季節にぜひ試してみて下さい! 注:このレシピの材料は大人3人分と離乳食1食分です

  3. 桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん

    旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。 ※桜えびは離乳食には使いません。

  4. ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー

    材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

  5. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

  6. フランス生まれのおかずケーキ・ケークサレ

    ケークサレは朝や昼食、ちょっと小腹がすいた時などに冷蔵庫の余った食材でさっと作れるところが魅力です。今回はかぼちゃとタマネギとパプリカでつくりました。

ページ上部へ戻る