,

ほんのり甘酸っぱい鶏肉のオレンジ煮


みかんの甘味・酸味がとり肉を柔らかく仕上げてくれます。人参の甘味も引き出して、やさしい味付けの肉料理です。みかんのない季節は100%ジュースでもおいしくできますよ。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
鶏胸肉もしくは鶏もも肉 150g(1/2枚)
みかん 50g(1/2個)
人参 30g(3cm輪切り)
ほうれん草 70g(1/3束)
おろし生姜 大さじ1/2
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
ひとつまみ
コショウ 少々

作り方

  1. 鶏肉の皮を取り、一口大に切ります
  2. 人参を5mmの厚さの輪切りにします
  3. みかんを皮ごと1cm角に切ります(みかんは煮ると崩れるので大きさは気にしないでOKです)
  4. 鍋に鶏肉がかぶるくらいの水を張り、人参を入れて中火にかけます(鶏肉はまだ入れません)
  5. 中火のまま沸騰したらみかんを入れ、人参が柔らかくなったら鶏肉を入れます
  6. 鶏肉を煮ている間に、別の鍋に湯を沸かし、ほうれん草を茹でて固く絞り5cm幅に切ります
  7. 鶏肉に火が通ったら、すりおろし生姜、塩と粗挽きコショウで味を整えます
  8. 茹でたほうれん草を添えて完成です
◎離乳食(初期):作り方
鶏胸肉のオレンジ煮 離乳食初期
⑤で鶏肉を入れる前に人参を取り分けます
⑥でほうれん草の葉先を取り分けます
  1. ⑤で人参を取り分け、すりつぶします
  2. ⑥でほうれん草の葉先を取り分けて、すりつぶします
◎離乳食(中期):作り方
鶏胸肉のオレンジ煮 離乳食中期
⑤で鶏肉を入れる前に人参を取り分けます
⑥でほうれん草の葉先を取り分けます
材料目安:人参7g(輪切り1cm弱)ほうれん草7g(葉先2枚)
追加材料:ひき割り納豆10g(1/5パック)
  1. ひきわり納豆はそのまま、もし食べ辛いようならすり潰します
  2. ⑤で人参が柔らかくなったら鶏肉を入れる前に取り出し、細かく刻みます
  3. ⑥でほうれん草の葉先を取り分けて、細かく刻みます
◎離乳食(後期):作り方
鶏胸肉のオレンジ煮 離乳食後期
⑤で離乳食用のささみ肉を入れてゆで、ささみと人参を取り分け
⑥でほうれん草の葉先を取り分けます
材料目安:人参10g(輪切り1cm)ほうれん草10g(葉先3枚)
追加材料:ササミ肉15g
  1. ⑤の行程でササミ肉を薄くスライスしたものを同時に茹でます
  2. ささみ肉に火が通ったら、人参とささみ肉を取り出し5mm角に刻みます
  3. ⑥でほうれん草の葉先を取り出し5mm角に刻みます
完了期:作り方
鶏胸肉のオレンジ煮 離乳食完了期
⑤で離乳食用のささみ肉を入れてゆで、ささみ肉と人参とみかんの果肉とスープを取り分け
⑥でほうれん草の葉先を取り分けます(みかんの皮の硬い部分は入らないようにします)
材料目安:人参10g(輪切り1cm)ほうれん草10g(葉先3枚)
追加材料:ササミ肉20g
  1. ⑤の行程でササミ肉を薄くスライスしたものを同時に茹でます
  2. ささみ肉に火が通ったら、人参とささみ肉とみかんの果肉とスープを取り分け、1cm角に刻みます
  3. ⑥でほうれん草の葉先を取り出し1cm角に刻みます

このレシピの注意点!

※ササミ肉は豆腐や白身魚に慣れてから与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

  2. 鳥ひき肉の肉団子スープ

    鳥ひき肉はお肉をかみ切れない乳幼児には便利な離乳食材です。大人用には肉団子にすることで歯ごたえとボリューム感を出し、スープにすることで季節の野菜をたっぷり取りましょう。

  3. カブのそぼろあんかけ

    とろとろあまーいカブをひき肉のあんで旨味をさらにひき出します。カブと片栗粉のとろみでひき肉も食べやすく赤ちゃんにも嬉しい一品です。

  4. オムライス

    野菜たっぷりのチキンライスを卵でくるんで、ふんわりおいしそうなオムライスに。お子さんにもやってあげたいところですが、離乳食期のお子さんは卵は慎重に与えなければなりません。制限された食材の中でもできるだけおいしそうに飾ってあげましょう。

  5. ニンニク風味のカジキステーキ

    大人用メニューはこんがり焼けたニンニクの香りがカジキステーキを引き立ててくれます。カジキは手軽に手に入る切り身の白身魚ですが、離乳食としては脂質が多いので脂質の少ない白身魚(鯛やカレイなど)になれた後に与えます。

  6. ピーマンの付け合わせ

    ピーマンが子どもに嫌われる一番の理由は苦みです。でもピーマンは茹でるとその苦みが消えるのです! おいしいピーマンの離乳食でピーマン大好きなお子さんにしましょう!

ページ上部へ戻る