高野豆腐の煮もの


高野豆腐は戻し不要のものから30分かけて戻すものまでいろいろ種類があります。戻し方も水を使うものやぬるま湯、熱湯、いろいろありますが、このレシピでは離乳食ということでふんわり柔らかく仕上がるように熱湯(80°C)を使用しています。
※お選びになった高野豆腐によって戻し時間は変更して下さい。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
高野豆腐 1/3枚 乾5g
絹さや 5g(1〜2枚)
大根 80g(輪切り2cm)
だし汁 180cc
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
2つまみ
砂糖 小さじ1
薄口醬油 小さじ1

作り方

  1. 沸騰直前のお湯(80度くらい)で高野豆腐を30分ほどつけて戻し、一口大に切ります
  2. 高野豆腐を戻している間に、一口大に切った大根を鍋にいれ、たっぷりの水にお米大さじ1を入れて茹でこぼします(大根の下茹で)
  3. だし汁に砂糖を加えたもので下茹でした大根を煮ます
  4. 5分ほど煮たら塩と少量の薄口醤油を加える
  5. 戻した高野豆腐の水気を切り、一口大に切ってから④の鍋に加えて弱火で6〜7分煮ます
  6. 最後の1~2分の間に、斜め切りにした絹さやも加えます

※お選びになった高野豆腐によって戻し方・戻し時間は変更して下さい。

◎離乳食(中期):作り方
高野豆腐の煮もの 離乳食中期
①で戻した高野豆腐を取り分けます
②で下茹でした大根を取り分けます
材料目安:高野豆腐1/6枚(3g)、大根10g(半月切り5mm)、絹さや2g(1/2個)
  1. ①の行程で戻した高野豆腐1/6程度(煮物でいう一切れ程度)を細かく刻みます
  2. ②の行程で下茹でした大根と、細かく刻んださやいんげんを高野豆腐とともに耐熱皿に入れラップをかけます
  3. レンジ(500w)で1分ほど加熱します
◎離乳食(後期):作り方
高野豆腐の煮もの 離乳食後期
①で戻した高野豆腐を取り分けます
②で下茹でした大根を取り分けます
材料目安:高野豆腐1/6枚(3g)、大根20g(輪切り5mm)、絹さや2g(1/2個)
  1. ①の行程で戻した高野豆腐1/6程度(煮物でいう一切れ程度)を5mm角に刻みます
  2. ②の行程で下茹でした大根と、5mm角に刻んださやいんげんを高野豆腐とともに耐熱皿に入れラップをかけます
  3. レンジ(500w)で1分ほど加熱します
完了期:作り方
高野豆腐の煮もの 離乳食完了期
①で戻した高野豆腐を取り分けます
②で下茹でした大根を取り分けます
材料目安:高野豆腐1/3枚(6g)、大根25g(輪切り5mm強)、絹さや2g(1/2個)
  1. ①の行程で戻した高野豆腐1/3程度(煮物でいう二切れ程度)を1cm角に刻みます
  2. ②の行程で下茹でした大根と、1cm角に刻んださやいんげんを高野豆腐とともに耐熱皿に入れラップをかけます
  3. レンジ(500w)で1分ほど加熱します

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理



関連レシピ

  1. カブのそぼろあんかけ

    とろとろあまーいカブをひき肉のあんで旨味をさらにひき出します。カブと片栗粉のとろみでひき肉も食べやすく赤ちゃんにも嬉しい一品です。

  2. 離乳食もおせち料理!かぼちゃきんとん

    栗の甘露煮を使用する栗きんとんは、砂糖を多く使用しているため離乳食のとりわけには向きません。そこで自然な甘さが美味しく、カロテンなどの栄養素が豊富なかぼちゃを使ったきんとんを紹介します。

  3. ほんのり甘いキャベツとサツマイモの味噌汁は離乳食にピッタリ

    キャベツとサツマイモの味噌汁はほんのり甘くて乳幼児好み。完了期からは大人と同じ味噌汁を作って、3倍に薄めたものを離乳食として利用できます。

  4. ほうれん草のナムル風

    ごま油と醤油で味つけるほうれん草のナムル風。ビタミンA(ベータカロチン)は油を同時に摂取すると吸収されやすくなります。離乳食としても栄養たっぷりのほうれん草はおすすめの食材。今回はヨーグルトを使いましたが、リンゴのすりおろしを合えてもいいですよ。

  5. 根菜の煮付け

    ヘルシーな根菜(ゴボウと里芋と人参)の煮物を色鮮やかな緑のインゲンで彩ります。多めに作って時間をおいて食べると味が染みこんでよりおいしくなります。その際はあら熱を取ってタッパーで冷蔵庫に保存。食べる際には必ず加熱してくださいね。

  6. カリフラワーと人参のサラダ

    コリコリカリカリ、ポリポリと食感が変わっていくカリフラワーの旬は11〜3月。ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという 特徴があります。味に特徴がないので、オレンジの甘さ酸っぱさ、リンゴのさわやかな甘味など果物と組み合わせると離乳食が進みます

ページ上部へ戻る