赤ちゃんも食べられるレンジで簡単おろし納豆


朝食の定番、納豆は忙しい時の救世主です。そこに大根おろしを添えて栄養バランスを整えます!

分量(1人分)

材料 分量(1人分)
ごはん 1膳
納豆 1パック
大根 100g
LINEで送る

この材料をメールする

作り方

  1. 大根の皮をむいてすりおろし余分な水分を切り、納豆とともに器に盛り付ける
    夏の大根は辛味が強く、加熱しても苦味が出やすいため冬の時期にオススメです。
◎離乳食(中期):作り方
大根おろしは水分を切らずにごはんと合わせ電子レンジで加熱してお粥を作ります。
材料目安:ごはん25g、大根40g(葉に近い上の部分が甘みがあってオススメです)、水40g、ひきわり納豆15g
  1. 大根は大人の食事の工程1で一緒にすりおろす。
  2. ご飯と水、大根おろし(水分は切らない)を耐熱皿に入れ10分ほどかけてご飯をふやかす。
  3. 2を600wの電子レンジで2分10秒加熱し、ラップをかけて再び10分おく。
  4. ひきわり納豆をのせ、よく混ぜてから与えます。
◎離乳食(後期):作り方
大根おろしは水分を切らずにごはんと合わせ電子レンジで加熱してお粥を作ります。
材料目安:ごはん30g、大根40g(葉に近い上の部分が甘みがあってオススメです)、水40、ひきわり納豆18g
  1. 大根は大人の食事の工程1で一緒にすりおろす。
  2. ご飯と水、大根おろし(水分は切らない)を耐熱皿に入れ10分ほどかけてご飯をふやかす。
  3. 2を600wの電子レンジで2分20秒加熱し、ラップをかけて再び10分おく。
  4. ひきわり納豆をのせ、よく混ぜてから与えます。
◎離乳食(完了期):作り方
大根おろしは電子レンジで加熱することで辛味を抑えることができます。
材料目安:ごはん90g、大根40g(葉に近い上の部分が甘みがあってオススメです)、納豆20g
  1. 大根おろしのみ器に盛りラップをかけて600wの電子レンジで1分加熱する。
  2. ご飯を盛り付け、納豆と加熱した大根おろしとともに与えます。

このレシピの注意点!

1、牛乳、卵共にアレルギーの可能性が高い食材です。しっかりと加熱をしてから与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です


関連レシピ

  1. タラとほうれん草のパスタ

    冬が旬のタラはタラちりでお鍋で食べる方が多い魚ですが、淡白な白身魚ですから和洋中どんなどんなレシピにも合う魚です。今回はスパゲティの具として使います。

  2. フランス生まれのおかずケーキ・ケークサレ

    ケークサレは朝や昼食、ちょっと小腹がすいた時などに冷蔵庫の余った食材でさっと作れるところが魅力です。今回はかぼちゃとタマネギとパプリカでつくりました。

  3. ブロッコリーとチーズのオムレツ

    とろりとした半熟卵に程よく溶けたチーズがよく合います。ブロッコリーで栄養もプラス!

  4. 鮭のちゃんちゃん蒸し

    北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

  5. 納豆と大根おろしのさっぱりパスタ

    納豆と大根おろしのあっさり和風スパゲッティ。忙しい時にもささっとできてさっぱりあっさり食べられる。そして栄養もたっぷり。離乳食では大根のからみが出ないように大根には火を入れてやわらかくしましょう。

  6. 真鱈とほうれん草ソース

    淡白な真鱈をほうれん草のソースで食べる一皿!ゴマの風味がアクセントです。鱈と一言で言っても塩分が多いものや、脂肪分が多いものがあります。赤ちゃんのぶんと取り分けで作るときは必ず真鱈を使用しましょう。

ページ上部へ戻る