ほうれん草のナムル風


ごま油と醤油で味つけるほうれん草のナムル風。ビタミンA(ベータカロチン)は油を同時に摂取すると吸収されやすくなります。ほうれん草のおいしい時期にたっぷりと食べましょう。離乳食としても栄養たっぷりのほうれん草はおすすめの食材。今回はヨーグルトを使いましたが、リンゴのすりおろしを合えてもいいですよ。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
ほうれん草 80g(1/2束弱)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1

作り方

  1. たっぷりの熱湯に塩を入れて沸騰したら、ほうれん草を茎の方から茹でます
  2. 芯の方を30秒ほど茹でたら全体を茹で、30秒ほどしたら菜箸で冷水に上げ、軽く絞ります
  3. 醤油、ごま油をかけて合えます
◎離乳食(中期):作り方
ほうれん草のナムル風 離乳食中期
①で離乳食分のほうれん草の葉先を一緒にゆでます
材料目安:ほうれん草10g(葉先3枚)
追加材料:プレーンヨーグルト小匙1/2
  1. ①の行程でほうれん草の葉先を同時に茹でます
  2. ②の行程で離乳食分は鍋に残して柔らかくなるまで茹で続けます
  3. よく絞ったら刻んでヨーグルトと和えます
◎離乳食(後期):作り方
ほうれん草のナムル風 離乳食後期
①で離乳食分のほうれん草の葉先を一緒にゆでます
材料目安:ほうれん草15g(葉先5枚)
追加材料:プレーンヨーグルト小匙1/2
  1. ①の行程でほうれん草の葉先を同時に茹でます
  2. ②の行程で離乳食分は鍋に残して柔らかくなるまで茹で続けます
  3. 絞ったら5mmほどに切ってヨーグルトと和えます
完了期:作り方
ほうれん草のナムル風 離乳食完了期
①で離乳食分のほうれん草の葉先を一緒にゆでます
材料目安:ほうれん草20g(葉先1/10束)
追加材料:プレーンヨーグルト小匙1/2
  1. ①の行程でほうれん草の葉先を同時に茹でます
  2. ②の行程で離乳食分は鍋に残して柔らかくなるまで茹で続けます
  3. 絞ったら1cmほどに切ってヨーグルトと和えます

このレシピの注意点!

※ヨーグルトはアレルギーの心配がある為、慎重に与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. 鰹と昆布のうまみで味わう夏野菜のだし浸し

    だし浸しの基本の作り方です。ほうれん草やアスパラガス、皮をむいたトマトなど、季節の野菜を使って色々なアレンジが楽しめます!

  2. ピーマンの付け合わせ

    ピーマンが子どもに嫌われる一番の理由は苦みです。でもピーマンは茹でるとその苦みが消えるのです! おいしいピーマンの離乳食でピーマン大好きなお子さんにしましょう!

  3. 鮭のちゃんちゃん蒸し

    北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

  4. かぼちゃの鶏そぼろあん

    もともとシンプルな味付けの料理なので離乳食の完了期(進み具合によっては後期)には大人と同じ味付けのものを少し薄めて提供します。離乳食を味なしで作る場合には後から味をつけますが、片栗粉でとろみをつけることで味のなじみを良くします。

  5. 離乳食もおせち料理!人参と大根の紅白なます

    ほんのり柚子が香る紅白なますは、おせち料理の定番です。大人の香りに赤ちゃんも挑戦してみましょう。

  6. 貧血予防に!ほうれん草とじゃが芋のわさびマヨ和え

    ほうれん草が嫌いな赤ちゃんも、じゃが芋とあえて甘みを出すことで食べやすくなります。パパママはわさびの風味が良いアクセントです。男爵いもを使用していただくことで全体の馴染みがよくなるのでおすすめです! ※ほうれん草に多く含まれる鉄分は非ヘム鉄といって吸収され辛いためじゃが芋のビタミンCと一緒に摂取して吸収率をUPします。

ページ上部へ戻る