香りのよい春菊のおひたし


シャキシャキして香りのよい春菊のおひたしです。大人にとっては香り高い冬の味覚ですが、赤ちゃんは独特な香りを好まない場合もあります。小松菜やほうれん草で代用してください。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
春菊 80g(1/3束)
だし汁 100cc(1/2カップ)
鰹節 ひとつまみ
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
みりん 12g(小さじ2杯)
醤油 12g(小さじ2杯)

作り方

  1. 鍋に湯が沸騰したら、春菊を茎から茹で15秒くらいしたら全てお湯の中に入れます
  2. だし汁とみりん、醤油を入れ浸し液を作ります
  3. 茹で上がった春菊を冷水に取り、よく絞り浸し液に入れます
  4. 3cm幅に切り盛り付け、鰹節をかけます
◎離乳食(初期):作り方
春菊(または小松菜)のおひたし 離乳食初期
①で葉先をはじめから鍋のはじでゆでて取り分け
材料目安:春菊葉先10g(葉先1茎分)
  1. ①の行程で葉先を始めから鍋の端で同時に茹で、3の行程で取り分けすり潰します
◎離乳食(中期):作り方
春菊(または小松菜)のおひたし 離乳食中期
①で葉先をはじめから鍋のはじでゆでて取り分けます
材料目安:材料目安:春菊葉先10g(葉先1茎分)
  1. ①の行程で葉先を始めから鍋の端で同時に茹で、3の行程で取り分け細かく刻みます
◎離乳食(後期):作り方
春菊(または小松菜)のおひたし 離乳食後期
①で葉先をはじめから鍋のはじでゆでて取り分けます
材料目安:材料目安:春菊葉先10g(葉先1茎分)
  1. ①の行程で葉先を始めから鍋の端で同時に茹で、3の行程で取り分け5mmほどに刻みます
完了期:作り方
春菊(または小松菜)のおひたし 離乳食完了期
①で葉先をはじめから鍋のはじでゆでて取り分けます
材料目安:材料目安:春菊葉先10g(葉先1茎分)
  1. ①の行程で葉先を始めから鍋の端で同時に茹で、3の行程で取り分け1cmほどに刻みます

このレシピの注意点!

※春菊は香りが強く、好まない赤ちゃんも多いので、その場合小松菜などで代用してください

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. ボイルキャベツのサラダ

    ボイル(茹でる)ことでキャベツのカサが減りますから、たくさんの量を食べることができます。野菜のうまみを引き出して甘味も増しますので、塩+レモンや、ポン酢、ドレッシングなどお好きな味付けでお召し上がりください。離乳食用には内側の柔らかい葉を使ってくださいね。

  2. 根菜の煮付け

    ヘルシーな根菜(ゴボウと里芋と人参)の煮物を色鮮やかな緑のインゲンで彩ります。多めに作って時間をおいて食べると味が染みこんでよりおいしくなります。その際はあら熱を取ってタッパーで冷蔵庫に保存。食べる際には必ず加熱してくださいね。

  3. カブのそぼろあんかけ

    とろとろあまーいカブをひき肉のあんで旨味をさらにひき出します。カブと片栗粉のとろみでひき肉も食べやすく赤ちゃんにも嬉しい一品です。

  4. 彩り鮮やかなスティックサラダ

    いろいろな野菜を食べるスティクサラダ、人参とインゲン卵という彩り美しく食べやすい野菜を選んでいますが、キュウリや大根、カブ等いろいろな野菜で応用ができます。もちろん離乳食の分はゆでて食べやすくしてあげて下さいね。

  5. 鰹と昆布のうまみで味わう夏野菜のだし浸し

    だし浸しの基本の作り方です。ほうれん草やアスパラガス、皮をむいたトマトなど、季節の野菜を使って色々なアレンジが楽しめます!

  6. カリフラワーと人参のサラダ

    コリコリカリカリ、ポリポリと食感が変わっていくカリフラワーの旬は11〜3月。ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという 特徴があります。味に特徴がないので、オレンジの甘さ酸っぱさ、リンゴのさわやかな甘味など果物と組み合わせると離乳食が進みます

ページ上部へ戻る