レンジ調理で簡単☆焼きコロッケ


あつあつサクサク美味しいお肉屋さんのコロッケも良いですが、お家でも簡単に作れる鶏ひき肉を使うレンジ調理の焼きコロッケを覚えておくと、とっても便利!赤ちゃんの取り分けにも最適です。授乳中を想定して衣の薄い焼きコロッケにしていますが、普通に揚げてももちろん美味しくいただけます。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
じゃがいも 1個
鳥ひき肉 30g(大さじ2強)
玉ねぎ 1/8個(20g)
人参 輪切り1.5cm(10g)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
ひとつまみ
コショウ 少々
パン粉 大さじ2
サラダ油 フライパンに5mmほど

作り方

  1. 人参と玉ねぎを細かいみじん切りする
  2. 人参と玉ねぎ、鶏ひき肉を耐熱皿に入れふんわりラップをして600wのレンジで3分加熱する
  3. しっかり火が通っているか混ぜながら確認して、足りないようなら再度加熱する
  4. じゃが芋を1cm幅くらいの輪切りにして600wのレンジで3分加熱する(1個あたり2分ずつ加熱時間を増やす2個なら5分)
  5. じゃが芋が熱いうちに潰す
  6. ③の材料と混ぜ合わせて塩コショウをする
  7. 小判形に形成してパン粉をつける
  8. フライパンにサラダ油を熱し形成したじゃが芋を揚げ焼きにしていく
  9. 表と裏、側面に焼き色がついたら盛り付ける※フライパンにくっつかないように滑らせながら焼くと綺麗に焼けます
◎離乳食(中期):作り方
⑥で塩コショウする前に取り分けます
材料目安:じゃが芋 1/6個、人参と玉ねぎ合わせて大さじ1/2、鶏ひき肉小さじ1、すりおろした人参小さじ1
  1. すりおろした人参に水を数滴加えて小鍋もしくはレンジで加熱します
  2. ⑥の行程で味をつける前に大さじ1強を取り分けて形成します
  3. 形成したじゃが芋を盛り付けその横に人参を添えて合わせながら与えます
◎離乳食(後期):作り方
⑥で塩コショウする前に取り分けます
材料目安:じゃが芋 1/4個、人参と玉ねぎ合わせて大さじ1弱、鶏ひき肉小さじ2、スティック状にした人参4本
  1. スティック状の人参を小鍋もしくはレンジで指で潰せる硬さまで加熱します
  2. ⑥の行程で味をつける前に大さじ2程度を取り分けて形成します
  3. 形成したじゃが芋を盛り付けその横に人参を添えます
完了期:作り方
⑥で塩コショウする前に取り分けます
材料目安:じゃが芋 1/4個、人参と玉ねぎ合わせて大さじ1弱、鶏ひき肉小さじ2、スティック状にした人参4本
  1. スティック状の人参を小鍋もしくはレンジで指で潰せる硬さまで加熱します
  2. ⑥の行程で味をつける前に大さじ2程度を取り分けて形成します
  3. 火にかけたフライパンにサラダ油を薄く塗り塗形成したじゃが芋両面に焼き色をつけます
  4. 焼き色をつけたじゃが芋を盛り付けその横に人参を添えます

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. ふわふわ卵の人参しりしり

    千切り人参と卵を炒めただけの人参しりしりですが、ご家庭によって味付けや作り方はさまざま。今回は卵と人参を別で炒めるふわふわ卵の作り方を紹介します。そして離乳食の取り分けは、中期は卵黄を後期は全卵で卵とじにしてあげましょう!

  2. 鮭のちゃんちゃん蒸し

    北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

  3. 漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ

    インドの肉料理として定番なタンドリーチキンのレシピをブリで応用。もともと脂ののった柔らかい白味魚だから長時間漬け込む必要なし。食べたいときにさっと作っておいしくいただけます。

  4. 白菜を使ったサクふわお好み焼き

    キャベツではなく白菜を使ったお好み焼きです。サクサクふわふわな食感でジューシー。白菜の葉先は火が通りやすいので離乳食用のお好み焼きを作るときにオススメです。白菜がたくさんある季節にぜひ試してみて下さい! 注:このレシピの材料は大人3人分と離乳食1食分です

  5. 桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん

    旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。 ※桜えびは離乳食には使いません。

  6. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

ページ上部へ戻る