レンジで簡単!野菜たっぷりのスペイン風オムレツ


電子レンジで作る野菜たっぷりのスペイン風のオムレツです。フライパン等の洗い物が出ない楽ちんレシピ!離乳食用に下味は薄いのでパパやママの分はケチャップなどで味をつけてお召し上がりください。
※卵はアレルギーの心配があるため、離乳食中期から完全に火を通し少量ずつ与えます。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
2個
パプリカ 50g(1/3個)
ブロッコリー 20g(2切れ)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
ひとつまみ
少々
ケチャップ等 適量

作り方

  1. 野菜を5mm角に切りレンジで500wで1分半ほど加熱し柔らかくします
  2. 耐熱皿に薄く油を塗り①の野菜とよく溶いた卵と塩を合わせて流し入れます
  3. 上からラップをして500wで1分加熱。いったん取り出して混ぜてまた1分加熱します
  4. お皿に盛りつけてケチャップをかけていただきます
◎離乳食(後期):作り方
野菜たっぷりのスペイン風オムレツ 離乳食後期
完成したオムレツを取り分けます
材料目安:完成したオムレツ大人の分量の1/4
  1. 完成したオムレツを1/4盛り付け、崩しながら与えます
完了期:作り方
野菜たっぷりのスペイン風オムレツ 離乳食完了期
完成したオムレツを取り分けます
材料目安:完成したオムレツ大人の分量の1/3
  1. 完成したオムレツを1/3盛り付けます
  2. 少量のケチャップをつけて与えてもよいです

このレシピの注意点!

※卵はアレルギーの心配があるため、離乳食中期から完全に火を通し少量ずつ与えます。

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

  2. ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー

    材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

  3. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

  4. 片栗粉を使ったサバのムニエル

    脂ののったおいしいサバのうまみを片栗粉でぎゅっと閉じ込めます。ただサバはアレルギーが出る場合がありますので、与える時は注意する必要があります。 また離乳食には塩サバは味が濃すぎるため使いません。生のサバを使います。

  5. 卵不使用!もっちり豆腐ハンバーグ

    片栗粉をつなぎに使った豆腐ハンバーグはもっちり新食感!お豆腐入りでカロリーも抑えられるうえ中に入れる具はレンジでチンだからとっても簡単!合挽肉は脂質が多いため離乳食の中期では炒り豆腐にしましたが、鶏挽肉を使用すれば離乳食の中期でも食べられます。

  6. やさしい甘さ♪鶏もも肉のリンゴ煮

    赤ちゃんも好きな甘い味付け!でも出来るだけお砂糖は控えたいと思いリンゴの甘みを生かして鶏肉をコトコト煮た体にも嬉しいメニューです♪

ページ上部へ戻る