レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!


大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。リンゴと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎますし、煮込んだリンゴは離乳食として利用できます。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
鶏レバー 60g
水菜 50g(1/4束)
おろし生姜 大さじ1/2
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 大さじ1/2
水とき片栗粉 (片栗粉2つまみ水大さじ1)

作り方

  1. レバーを流水ですすぎ一口大に切り、血の塊があれば取り除きます
  2. 鍋に水を張り火にかけます
  3. 沸騰したらレバー(ここで離乳食用のリンゴも一緒に入れますが味を付ける前に取り出します)を鍋に入れ、火が通ったら醤油とおろし生姜で味をつけます
  4. 5cm幅に切った水菜をさっと煮汁で加熱します
  5. 水溶き片栗粉でとろみをつけます
◎離乳食(中期):作り方
レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に! 離乳食中期
③の行程で大人の味付けをする前にレバーと煮汁を取り分けます
材料目安:鳥レバー15g
追加材料:リンゴ10g(くし切りの1/3程度)
  1. ②の行程で5mm幅ほどのいちょう切りにしたリンゴを入れます
  2. ③の行程でレバーは同時に煮て大人の味をつける前に煮汁大さじ1と共に取り出します
  3. レバーとリンゴを刻み、煮汁とともに耐熱皿に入れる
  4. 片栗粉ひとつまみを入れてかき混ぜて10秒ほど加熱する
◎離乳食(後期):作り方
レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に! 離乳食後期
③の行程で大人の味付けをする前にレバーと煮汁を取り分けます
材料目安:鳥レバー15g
追加材料:リンゴ10g(くし切りの1/3程度)
  1. ②の行程で5mm幅ほどのいちょう切りにしたリンゴを入れます
  2. ③の行程でレバーは同時に煮て大人の味をつける前に煮汁大さじ1と共に取り出します
  3. レバーとリンゴを刻み、煮汁とともに耐熱皿に入れます
  4. 片栗粉ひとつまみを入れてかき混ぜて10秒ほど加熱する
完了期:作り方
レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に! 離乳食完了期
③の行程で大人の味付けをする前にレバーと煮汁を取り分けます
材料目安:鳥レバー20g
追加材料:リンゴ15g(くし切りの1/2程度)
  1. ②の行程で1cm角に切ったリンゴを入れます
  2. ③の行程で1cm角に切ったレバーも同時に煮て大人の味をつける前に煮汁大さじ1と共に取り出します
  3. レバーとリンゴを刻み、煮汁とともに耐熱皿に入れます
  4. 片栗粉ひとつまみを入れてかき混ぜて10秒ほど加熱する

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. みんな大好きほくほく肉じゃが

    みんなが大好きな肉じゃが!メークインなど煮崩れない品種を使うのがオススメです。

  2. ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー

    材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

  3. じゃが芋とサーモンフレーク

    しっかりほぐして味をなじませた鮭はまるで食べるソース!洋風の鮭フレークというイメージです。じゃがいもだけでなく、パンやクラッカーにのせても美味しく召し上がっていただけます。

  4. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

  5. カレイとカボチャの煮付け

    カレイは手に入りやすいお手頃な白身魚です。そして離乳食初期に与えられるタンパク質としても、お豆腐の次のおすすめタンパク質が白身魚のカレイです。今回はお鍋1つでカレイとカボチャと一緒に煮付けることができる時短レシピでもあります。

  6. パパママが麻婆豆腐の日は赤ちゃんはトロトロ豆腐あんかけ

    パパママが刺激的な麻婆豆腐の日、赤ちゃんには同じ食材を使って優しい味の豆腐あんかけはいかがですか?

ページ上部へ戻る