パパママが麻婆豆腐の日は赤ちゃんはトロトロ豆腐あんかけ


パパママが刺激的な麻婆豆腐の日、赤ちゃんは同じ食材を使って優しい味の豆腐あんかけに!!
※豚肉は鶏肉を与えるのに慣れてから与えます

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
豆腐 1/2丁
豚ひき肉 50g
長ネギ 10cm
生姜 小さじ2
ニンニク 小さじ1
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
豆板醤 小さじ1/2
甜麺醤 小さじ1
濃口醤油 小さじ2
料理酒 大さじ1
ごま油 大さじ1/2
塩コショウ 少々
100cc
水溶き片栗粉 大さじ1
ごま油(香りづけ) 小さじ1

作り方

  1. 豆腐はサイコロ状に、長ネギとニンニクと生姜はみじん切りにする
  2. フライパンを中火にかけてごま油をひき、ニンニクと生姜、長ネギを木べらで炒める
  3. 香りがしてきたら豚ひき肉も加え料理酒を振って、木べらで崩していく
  4. 豚肉の色が変わったらたら豆板醤と甜麺醤を加えて軽く炒め、豆腐も加え崩れないように優しく全体をなじませる
  5. 水と濃口醤油を加えてひと煮立ちさせ、塩コショウで味を整える
  6. 水溶き片栗粉でとじてごま油で香りをつける
◎離乳食(中期):作り方
①の行程で豆腐と長ネギを取り分けます
材料目安:木綿豆腐30g、長ネギ10g(5cm)、人参小さじ1、水溶き片栗粉小さじ2
  1. ①の行程で豆腐と長ネギを取り出して豆腐は5mm角にする
  2. 人参は細かく刻む
  3. 小鍋に豆腐がかぶるくらいの水をはり、豆腐、長ネギ、人参を加え中火にかける
  4. 沸騰したら弱火にして人参が指で潰せるくらいまで柔らかく煮る(途中水がなくなったら少しずつ足す)
  5. 水溶き片栗粉でとじる
◎離乳食(後期):作り方
①の行程で豆腐と長ネギを取り分けます
材料目安:木綿豆腐30g、長ネギ10g(5cm)、豚ひき肉小さじ1、水溶き片栗粉小さじ2
  1. ①の行程で豆腐と長ネギを取り出して豆腐は5mm角にする
  2. 小鍋に豆腐がかぶるくらいの水をはり、豆腐、長ネギ、豚ひき肉を加え中火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして2分ほど煮る(途中水がなくなったら少しずつ足す)
  4. 水溶き片栗粉でとじる
◎離乳食(完了期):作り方
①の行程で豆腐と長ネギを取り分けます
材料目安:木綿豆腐30g、長ネギ10g(5cm)、豚ひき肉小さじ2、水溶き片栗粉小さじ2、味噌少々
  1. ①の行程で豆腐と長ネギを取り出して豆腐は5mm角にする
  2. 小鍋に豆腐がかぶるくらいの水をはり、豆腐、長ネギ、豚ひき肉を加え中火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして2分ほど煮る(途中水がなくなったら少しずつ足す)
  4. 味噌を少々加え水溶き片栗粉でとじる

このレシピの注意点!

※豚肉は鶏肉を与えるのに慣れてから与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. 白菜を使ったサクふわお好み焼き

    キャベツではなく白菜を使ったお好み焼きです。サクサクふわふわな食感でジューシー。白菜の葉先は火が通りやすいので離乳食用のお好み焼きを作るときにオススメです。白菜がたくさんある季節にぜひ試してみて下さい! 注:このレシピの材料は大人3人分と離乳食1食分です

  2. トマトと豚ひき肉のあっさりミートドリア風

    ケチャップ使わずに湯むきトマトを使い、ホワイトソースは片栗粉と牛乳というシンプルであっさりとした味付けのミートドリア風です。

  3. 卵不使用!もっちり豆腐ハンバーグ

    片栗粉をつなぎに使った豆腐ハンバーグはもっちり新食感!お豆腐入りでカロリーも抑えられるうえ中に入れる具はレンジでチンだからとっても簡単!合挽肉は脂質が多いため離乳食の中期では炒り豆腐にしましたが、鶏挽肉を使用すれば離乳食の中期でも食べられます。

  4. 漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ

    インドの肉料理として定番なタンドリーチキンのレシピをブリで応用。もともと脂ののった柔らかい白味魚だから長時間漬け込む必要なし。食べたいときにさっと作っておいしくいただけます。

  5. レンジ調理で簡単☆焼きコロッケ

    あつあつサクサク美味しいお肉屋さんのコロッケも良いですが、お家でも簡単に作れる鶏ひき肉を使う焼きコロッケを覚えておくと、とっても便利!赤ちゃんの取り分けにも最適です。授乳中を想定して衣の薄い焼きコロッケにしていますが、普通に揚げてももちろん美味しくいただけます。

  6. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

ページ上部へ戻る