真鱈とほうれん草ソース


淡白な真鱈をほうれん草のソースで食べる一皿!ゴマの風味がアクセントです。鱈と一言で言っても塩分が多いものや、脂肪分が多いものがあります。赤ちゃんのぶんと取り分けで作るときは必ず真鱈を使用しましょう。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
タラ 1切れ
ほうれん草 1茎
玉ねぎ 1cm幅のくし切り1切れ
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
白すりゴマ 小さじ1
だし昆布 1枚

作り方

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら玉ねぎを入れ2分ほど茹でる
  2. 玉ねぎを茹でている鍋にほうれん草の茎の部分を入れて10秒差で葉の部分も入れ1分茹でる
  3. 玉ねぎとほうれん草をザルにあげミキサーやブレンダーですり潰す
  4. 醤油と砂糖、ゴマを全て加えて一混ぜし、皿に盛り付ける
  5. 小鍋に鱈がギリギリかぶるくらいの水を入れ中火にかけ、だし昆布を入れる
  6. 沸騰したら真鱈を入れ5分ほど煮る
  7. 真鱈に火が通ったら真鱈のみ取り出しほうれん草のソースの上に盛り付ける
◎離乳食(中期):作り方
ソースは③で小さじ1杯程度取り分け、真鱈は⑦で10g取り分ける
材料目安:タラ15g、ほうれん草2枚分、玉ねぎ2cm幅1枚
  1. ③の行程で小さじ1杯分取り分け皿に盛り付ける
  2. ⑦の行程で真鱈を取り分け刻んでソースの上に盛り付けます
◎離乳食(後期):作り方
ソースは③で小さじ1.5杯程度取り分け、真鱈は⑦で15g取り分ける
材料目安:タラ15g、ほうれん草3枚分、玉ねぎ2cm幅1枚
  1. ③の行程で小さじ1杯分取り分け皿に盛り付ける
  2. ⑦の行程で真鱈を取り分け5mm角に刻んでソースの上に盛り付けます
完了期:作り方
ソースは③で小さじ1杯程度取り分け、真鱈は⑦で15g取り分ける
材料目安:タラ20g、ほうれん草3枚分、玉ねぎ3cm幅1.5枚
  1. ③の行程で小さじ2杯分取り分け皿に盛り付ける
  2. ※ソースにはすりごまひとつまみ加えても良いでしょう
  3. ⑦の行程で真鱈を取り分け1cm角や手づかみ食べの大きさにしてソースの上に盛り付けます

このレシピの注意点!

※鱈はアレルギーの心配があるので初めはごく少量ずつ与えましょう

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. 桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん

    旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。 ※桜えびは離乳食には使いません。

  2. ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー

    材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

  3. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

  4. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

  5. 人参と大根のあっさり卵リゾット

    人参と大根のあっさりとした卵リゾットです。食が進まないときや、胃腸にやさしいものと食べたいときにささっと作れて便利です。

  6. ニンニク風味のカジキステーキ

    大人用メニューはこんがり焼けたニンニクの香りがカジキステーキを引き立ててくれます。カジキは手軽に手に入る切り身の白身魚ですが、離乳食としては脂質が多いので脂質の少ない白身魚(鯛やカレイなど)になれた後に与えます。

ページ上部へ戻る