真鱈とほうれん草ソース


淡白な真鱈をほうれん草のソースで食べる一皿!ゴマの風味がアクセントです。鱈と一言で言っても塩分が多いものや、脂肪分が多いものがあります。赤ちゃんのぶんと取り分けで作るときは必ず真鱈を使用しましょう。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
タラ 1切れ
ほうれん草 1茎
玉ねぎ 1cm幅のくし切り1切れ
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
白すりゴマ 小さじ1
だし昆布 1枚

作り方

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら玉ねぎを入れ2分ほど茹でる
  2. 玉ねぎを茹でている鍋にほうれん草の茎の部分を入れて10秒差で葉の部分も入れ1分茹でる
  3. 玉ねぎとほうれん草をザルにあげミキサーやブレンダーですり潰す
  4. 醤油と砂糖、ゴマを全て加えて一混ぜし、皿に盛り付ける
  5. 小鍋に鱈がギリギリかぶるくらいの水を入れ中火にかけ、だし昆布を入れる
  6. 沸騰したら真鱈を入れ5分ほど煮る
  7. 真鱈に火が通ったら真鱈のみ取り出しほうれん草のソースの上に盛り付ける
◎離乳食(中期):作り方
ソースは③で小さじ1杯程度取り分け、真鱈は⑦で10g取り分ける
材料目安:タラ15g、ほうれん草2枚分、玉ねぎ2cm幅1枚
  1. ③の行程で小さじ1杯分取り分け皿に盛り付ける
  2. ⑦の行程で真鱈を取り分け刻んでソースの上に盛り付けます
◎離乳食(後期):作り方
ソースは③で小さじ1.5杯程度取り分け、真鱈は⑦で15g取り分ける
材料目安:タラ15g、ほうれん草3枚分、玉ねぎ2cm幅1枚
  1. ③の行程で小さじ1杯分取り分け皿に盛り付ける
  2. ⑦の行程で真鱈を取り分け5mm角に刻んでソースの上に盛り付けます
完了期:作り方
ソースは③で小さじ1杯程度取り分け、真鱈は⑦で15g取り分ける
材料目安:タラ20g、ほうれん草3枚分、玉ねぎ3cm幅1.5枚
  1. ③の行程で小さじ2杯分取り分け皿に盛り付ける
  2. ※ソースにはすりごまひとつまみ加えても良いでしょう
  3. ⑦の行程で真鱈を取り分け1cm角や手づかみ食べの大きさにしてソースの上に盛り付けます

このレシピの注意点!

※鱈はアレルギーの心配があるので初めはごく少量ずつ与えましょう

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. 鮭のちゃんちゃん蒸し

    北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

  2. ふわふわ卵の人参しりしり

    千切り人参と卵を炒めただけの人参しりしりですが、ご家庭によって味付けや作り方はさまざま。今回は卵と人参を別で炒めるふわふわ卵の作り方を紹介します。そして離乳食の取り分けは、中期は卵黄を後期は全卵で卵とじにしてあげましょう!

  3. じゃが芋とサーモンフレーク

    しっかりほぐして味をなじませた鮭はまるで食べるソース!洋風の鮭フレークというイメージです。じゃがいもだけでなく、パンやクラッカーにのせても美味しく召し上がっていただけます。

  4. レンジで簡単!野菜たっぷりのスペイン風オムレツ

    電子レンジだけで作る野菜をたっぷりのスペイン風のオムレツです。フライパン等の洗い物が出ない楽ちんレシピ!離乳食用に下味は薄いのでパパやママの分はケチャップなどで味をつけてお召し上がりください。
    ※卵はアレルギーの心配があるため、離乳食中期から完全に火を通し少量ずつ与えます。

  5. 桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん

    旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。 ※桜えびは離乳食には使いません。

  6. 離乳食もおせち料理!パウンド型で松風焼き

    大人の食事と離乳食を同時にオーブンで焼ける松風焼きは、とても簡単でおせち料理としてだけでなく普段使いにもおすすめです。食感が柔らかくなるように豆腐を入れ、赤ちゃんでも食べられるようにけしの実ではなくすりゴマとあおのりを使ったレシピを紹介します。

ページ上部へ戻る