ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー


材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
鶏モモ肉皮なし 100g
人参 30g(人参輪切り3cm)
玉ねぎ 50g(1/4個)
トマト 100g(1/2個)
ショウガ 10g
ニンニク ひとかけら
ヨーグルト 60g(大1/6パック)
50cc(1/4カップ)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
カレー粉 大さじ1.5
2つまみ
コショウ 少々
サラダ油 大さじ1/2

作り方

  1. 食べやすいサイズに切った鶏肉にカレー粉と塩をまぶしてよく揉み込んだら、ヨーグルトに20分つけておきます
  2. ニンニクと生姜をすりおろします
  3. トマト、玉ねぎ、人参、水の順に入れてミキサーにかける
  4. 鍋に油をひいて、すりおろしたニンニクと生姜を香りがするまで炒めます。※弱火で焦がさないようにしましょう
  5. 鍋にミキサーにかけた野菜を入れ、沸騰したら鶏肉も入れます
  6. 5分ほど鍋底が焦げないように煮込み、鶏肉に火が通ったら塩コショウで味をととのえます
◎離乳食(初期):作り方
ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー 離乳食初期
③でミキサーにかけた野菜を取り分けます
材料目安:野菜(人参・玉ねぎ・トマト)少量
  1. ③でミキサーにかけた野菜を少量取り分けます
  2. 小鍋でこげないように弱火で煮込みます

※鍋で煮込めないほど少量の場合、耐熱容器に入れてレンジで加熱して下さい。

◎離乳食(中期):作り方
ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー 離乳食中期
③でミキサーにかけた野菜を取り分けます
材料目安:野菜(人参・玉ねぎ・トマト)30g、鶏もも肉皮なし10g
  1. ③でミキサーにかけた野菜を30g取り分け、同量の水で薄めて小鍋で火にかけます
  2. 細かく刻んだ鶏肉を入れて煮込みます
◎離乳食(後期):作り方
ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー 離乳食後期
③でミキサーにかけた野菜を取り分けます
材料目安:野菜(人参・玉ねぎ・トマト)40g、鶏もも肉皮なし15g
  1. ③でミキサーにかけた野菜を40g取り分け、同量の水で薄めて小鍋で火にかけます
  2. 粗刻みにした鶏肉を入れて煮込みます
完了期:作り方
ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー 離乳食完了期
③でミキサーにかけた野菜を取り分けます
材料目安:野菜(人参・玉ねぎ・トマト)50g、鶏もも肉皮なし15g
  1. ③でミキサーにかけた野菜を50g取り分け、同量の水で薄めて小鍋で火にかけます
  2. 1cm弱に刻んだ鶏肉を入れて煮込みます

このレシピの注意点!

※鳥もも肉はささみ肉に慣れてから与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理



関連レシピ

  1. 片栗粉を使ったサバのムニエル

    脂ののったおいしいサバのうまみを片栗粉でぎゅっと閉じ込めます。ただサバはアレルギーが出る場合がありますので、与える時は注意する必要があります。 また離乳食には塩サバは味が濃すぎるため使いません。生のサバを使います。

  2. 納豆と大根おろしのさっぱりパスタ

    納豆と大根おろしのあっさり和風スパゲッティ。忙しい時にもささっとできてさっぱりあっさり食べられる。そして栄養もたっぷり。離乳食では大根のからみが出ないように大根には火を入れてやわらかくしましょう。

  3. レンジ調理で簡単☆焼きコロッケ

    あつあつサクサク美味しいお肉屋さんのコロッケも良いですが、お家でも簡単に作れる鶏ひき肉を使う焼きコロッケを覚えておくと、とっても便利!赤ちゃんの取り分けにも最適です。授乳中を想定して衣の薄い焼きコロッケにしていますが、普通に揚げてももちろん美味しくいただけます。

  4. ほんのり甘酸っぱい鶏肉のオレンジ煮

    みかんの甘味・酸味がとり肉を柔らかく仕上げてくれます。人参の甘味も引き出して、やさしい味付けの肉料理です。みかんのない季節はオレンジや100%ジュースでもおいしくできますよ。

  5. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

  6. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

ページ上部へ戻る