,

鮭のちゃんちゃん蒸し


北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
鮭(塩鮭は使用しません) 100g(一切れ)
キャベツ 50g (1枚)
玉ねぎ 20g (1/10個)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
味噌 大さじ1

作り方

  1. キャベツは一口大、玉ねぎは5mm幅くらいにスライスします
  2. フライパンにキャベツと玉ねぎ、鮭が重ならないように並べ大さじ1の水をふります
  3. 蓋をして弱めの中火にかけ蓋をして10分ほど蒸し焼きにします
  4. 鮭に火が通ったら味噌で味をつけます
◎離乳食(初期):作り方
鮭のちゃんちゃん焼き 離乳食初期
②で鮭を入れる前にキャベツと玉ねぎを先に煮て取り出す
材料目安:玉ねぎ・キャベツ少々
  1. 2の行程で鮭を入れる前にキャベツと玉ねぎを先に蒸します
  2. 柔らかくなったら玉ねぎとキャベツの葉先を取り出して、すり潰します
  3. キャベツと玉ねぎを取り出した後に、鮭を入れ火が通ったら野菜を戻し味をつけます
◎離乳食(中期):作り方
鮭のちゃんちゃん焼き 離乳食中期
④の行程で味をつける前に取り分けます
材料目安:鮭15g(1/7切れ) 玉ねぎ10g(薄切り1/2枚) キャベツ10g(1/5枚)
  1. ④の行程で味をつける前に鮭・キャベツ・玉ねぎを取り分け、細かく刻みます
◎離乳食(後期):作り方
鮭のちゃんちゃん焼き 離乳食後期
④の行程で味をつける前に取り分けます
材料目安:鮭15g(1/7切れ) 玉ねぎ10g(薄切り1/2枚) キャベツ10g(1/5枚)
  1. ④の行程で味をつける前に鮭・キャベツ・玉ねぎを取り分けます
  2. 野菜は5mm角に切り、鮭は軽くほぐします
完了期:作り方
鮭のちゃんちゃん焼き 離乳食完了期
④の行程で味をつける前に取り分けます
材料目安:鮭20g(1/7切れ) 玉ねぎ15g(薄切り1枚弱) キャベツ15g(1/3枚弱)
  1. ④の行程で味をつける前に鮭・キャベツ・玉ねぎを取り分けます
  2. 野菜は1cm角に切り、鮭は軽くほぐしながら与えます

このレシピの注意点!

※塩鮭は塩分が多いので使用しません。
※鮭は脂質が多いので白身魚に慣れてから与えます。

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. 根菜の煮付け

    ヘルシーな根菜(ゴボウと里芋と人参)の煮物を色鮮やかな緑のインゲンで彩ります。多めに作って時間をおいて食べると味が染みこんでよりおいしくなります。その際はあら熱を取ってタッパーで冷蔵庫に保存。食べる際には必ず加熱してくださいね。

  2. カリフラワーと人参のサラダ

    コリコリカリカリ、ポリポリと食感が変わっていくカリフラワーの旬は11〜3月。ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという 特徴があります。味に特徴がないので、オレンジの甘さ酸っぱさ、リンゴのさわやかな甘味など果物と組み合わせると離乳食が進みます

  3. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

  4. 桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん

    旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。 ※桜えびは離乳食には使いません。

  5. 香りのよい春菊のおひたし

    シャキシャキして香りのよい春菊のおひたしです。大人にとっては香り高い冬の味覚ですが、赤ちゃんは独特な香りを好まない場合もあります。小松菜やほうれん草で代用してください。

  6. ほんのり甘いキャベツとサツマイモの味噌汁は離乳食にピッタリ

    キャベツとサツマイモの味噌汁はほんのり甘くて乳幼児好み。完了期からは大人と同じ味噌汁を作って、3倍に薄めたものを離乳食として利用できます。

ページ上部へ戻る