ねっとりもっちり・マッシュ里芋


ねっとりもっちりした食感が魅力のマッシュ里芋。塩とコショウのあっさり味付けですが、バターを入れることで風味がまします。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
里芋 90g(2個弱)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
1/2つまみ
コショウ 少々
バター 小さじ2

作り方

  1. 里芋の皮をむき、柔らかくなるまで茹でます
  2. 茹で上がったら少し水分が周りについているくらいの状態でマッシャーで潰します
  3. 塩コショウ、バターで味をつけます
◎離乳食(初期):作り方
マッシュ里芋 離乳食初期
②で味をつける前に取り分け
材料目安:里芋 少量
  1. ②で味をつける前に取り分けて、ゆで汁で伸ばしながらすり潰します
  2. すり粥に飾ります

※すり粥の作り方はこちら

◎離乳食(中期):作り方
マッシュ里芋 離乳食中期
②で味をつける前に取り分け
材料目安:里芋15g(1/4個強)
  1. ②で味をつける前に取り分けて、ゆで汁で伸ばしながら潰します
  2. 食べやすい柔らかさになるようにゆで汁の量で調整します
◎離乳食(後期):作り方
マッシュ里芋 離乳食後期
②で味をつける前に取り分け
材料目安:里芋20g(1/2個弱)
  1. ②で味をつける前に取り分けて、ゆで汁で伸ばしながら潰します
完了期:作り方
マッシュ里芋 離乳食完了期
②で味をつける前に取り分け
材料目安:里芋30g(1/2個強)
  1. ②で味をつける前に取り分けて、ゆで汁で伸ばしながら潰します

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. 鰹と昆布のうまみで味わう夏野菜のだし浸し

    だし浸しの基本の作り方です。ほうれん草やアスパラガス、皮をむいたトマトなど、季節の野菜を使って色々なアレンジが楽しめます!

  2. 彩り鮮やかなスティックサラダ

    いろいろな野菜を食べるスティクサラダ、人参とインゲン卵という彩り美しく食べやすい野菜を選んでいますが、キュウリや大根、カブ等いろいろな野菜で応用ができます。もちろん離乳食の分はゆでて食べやすくしてあげて下さいね。

  3. かぼちゃの鶏そぼろあん

    もともとシンプルな味付けの料理なので離乳食の完了期(進み具合によっては後期)には大人と同じ味付けのものを少し薄めて提供します。離乳食を味なしで作る場合には後から味をつけますが、片栗粉でとろみをつけることで味のなじみを良くします。

  4. ほうれん草のナムル風

    ごま油と醤油で味つけるほうれん草のナムル風。ビタミンA(ベータカロチン)は油を同時に摂取すると吸収されやすくなります。離乳食としても栄養たっぷりのほうれん草はおすすめの食材。今回はヨーグルトを使いましたが、リンゴのすりおろしを合えてもいいですよ。

  5. 貧血予防に!ほうれん草とじゃが芋のわさびマヨ和え

    ほうれん草が嫌いな赤ちゃんも、じゃが芋とあえて甘みを出すことで食べやすくなります。パパママはわさびの風味が良いアクセントです。男爵いもを使用していただくことで全体の馴染みがよくなるのでおすすめです! ※ほうれん草に多く含まれる鉄分は非ヘム鉄といって吸収され辛いためじゃが芋のビタミンCと一緒に摂取して吸収率をUPします。

  6. 高野豆腐の煮もの

    高野豆腐は戻し不要のものから30分かけて戻すものまでいろいろ種類があります。戻し方も水を使うものやぬるま湯、熱湯、いろいろありますが、このレシピでは離乳食ということでふんわり柔らかく仕上がるように熱湯(80°C)を使用しています。

ページ上部へ戻る