桜エビと白菜のうま煮


昆布の出汁と桜エビでうま味の相乗効果が得られます!大人の分は作り置きにも使える一品です。
※エビはアレルギーの心配があるため離乳食完了期から与えます

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
白菜 2枚
長ネギ 5cm
桜エビ 大さじ1
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 小さじ2
だし昆布 1枚

作り方

  1. 白菜は1cm幅の短冊切りに長ねぎは1cm幅の斜め切りにする
  2. 小鍋にだし昆布と大さじ2水を入れ蓋をして中火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして5分ほど煮る
  4. 桜エビを加えてさらに煮て醤油を加える
◎離乳食(中期):作り方
③の行程で取り分けて細かく刻みます
材料目安:白菜葉先1枚分、長ねぎの白い部分1cm
  1. ③の行程で取り出して細かく刻む
◎離乳食(後期):作り方
③の行程で取り分けて5mm角に刻みます
材料目安:白菜葉先1枚分、長ねぎの白い部分
  1. ③の行程で取り出して5mm角に刻む
◎離乳食(完了期):作り方
④の行程で醤油を加える前に取り分け1cm角に刻みます
材料目安:白菜葉先1枚分、長ねぎ1cm、桜エビ小さじ1
  1. ④の行程で取り出して醤油を加える前に1cm角に刻む

このレシピの注意点!

※エビはアレルギーの心配があるため離乳食完了期から与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. 鮭のちゃんちゃん蒸し

    北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

  2. 離乳食もおせち料理!人参と大根の紅白なます

    ほんのり柚子が香る紅白なますは、おせち料理の定番です。大人の香りに赤ちゃんも挑戦してみましょう。

  3. かぼちゃの鶏そぼろあん

    もともとシンプルな味付けの料理なので離乳食の完了期(進み具合によっては後期)には大人と同じ味付けのものを少し薄めて提供します。離乳食を味なしで作る場合には後から味をつけますが、片栗粉でとろみをつけることで味のなじみを良くします。

  4. ほんのり甘いキャベツとサツマイモの味噌汁は離乳食にピッタリ

    キャベツとサツマイモの味噌汁はほんのり甘くて乳幼児好み。完了期からは大人と同じ味噌汁を作って、3倍に薄めたものを離乳食として利用できます。

  5. 彩り鮮やかなスティックサラダ

    いろいろな野菜を食べるスティクサラダ、人参とインゲン卵という彩り美しく食べやすい野菜を選んでいますが、キュウリや大根、カブ等いろいろな野菜で応用ができます。もちろん離乳食の分はゆでて食べやすくしてあげて下さいね。

  6. 高野豆腐の煮もの

    高野豆腐は戻し不要のものから30分かけて戻すものまでいろいろ種類があります。戻し方も水を使うものやぬるま湯、熱湯、いろいろありますが、このレシピでは離乳食ということでふんわり柔らかく仕上がるように熱湯(80°C)を使用しています。

ページ上部へ戻る