桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん


旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。
※桜えびは離乳食には使いません。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
茹でうどん 250g(1玉)
キャベツ 40g(1枚弱)
玉ねぎ 20g(輪切り5mm)
桜えび 大さじ1
かつお節 ひとつかみ
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 大さじ1
サラダ油 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2

作り方

  1. 野菜を一口大に切ります
  2. フライパンにサラダ油をひきキャベツと玉葱、桜エビを炒めます
  3. 野菜に火が通ったら、うどんを入れてもう一度炒めます
  4. 全体の具が絡まってきたら、醤油を大さじ1をかけ味を馴染ませかつお節とごま油で香りをつけます
◎離乳食(中期):作り方
桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん 離乳食中期
①でキャベツ、玉ねぎ、茹でうどんを取り分けます
材料目安:茹でうどん10g、キャベツ5g(1/10枚)、玉葱5g(スライス5枚)
追加材料:ヨーグルト大さじ1/2
  1. ①の行程で取り分けたキャベツと玉ネギとうどんを細かく刻みます
  2. 鍋に野菜とうどんをいれ、水を入れて火にかけます。
  3. 沸騰したらザルに上げヨーグルトと混ぜ合わせます
◎離乳食(後期):作り方
桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん 離乳食後期
①でキャベツ、玉ねぎ、茹でうどんを取り分けます
材料目安:茹でうどん30g、鰹節1つまみ、キャベツ7g(1/8枚)、玉葱7g(スライス7枚)
  1. ①の行程で取り分けたキャベツと玉ネギを短いせん切りに、うどんは3cm幅に切ります
  2. 鍋に野菜とうどんをいれ、浸るくらいに水を入れて火にかけます
  3. 沸騰したら鰹節をひとつまみ入れて全体を一混ぜして火を止めます
完了期:作り方
桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん 離乳食完了期
③でキャベツ、玉ねぎ、茹でうどんに薄味をつけて取り分けます
材料目安:茹でうどん70g、鰹節1つまみ、キャベツ10g(1/5枚)、玉葱10g(5mm半月切り)
  1. ③まで大人と同じ行程で作ります
  2. 味付けのときに、小さじ1程度の醤油で全体を味付けします
  3. 離乳食分(玉葱、キャベツは芯をよけて)を取り分け、その後に大人用に味つけを濃くします
  4. 離乳食用のうどんを5㎝程度の長さに切り、かつお節をかけます

このレシピの注意点!

※ヨーグルトはアレルギーの心配がある為、慎重に与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. タラとほうれん草のパスタ

    冬が旬のタラはタラちりでお鍋で食べる方が多い魚ですが、淡白な白身魚ですから和洋中どんなどんなレシピにも合う魚です。今回はスパゲティの具として使います。

  2. ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー

    材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

  3. じゃが芋とサーモンフレーク

    しっかりほぐして味をなじませた鮭はまるで食べるソース!洋風の鮭フレークというイメージです。じゃがいもだけでなく、パンやクラッカーにのせても美味しく召し上がっていただけます。

  4. 白菜を使ったサクふわお好み焼き

    キャベツではなく白菜を使ったお好み焼きです。サクサクふわふわな食感でジューシー。白菜の葉先は火が通りやすいので離乳食用のお好み焼きを作るときにオススメです。白菜がたくさんある季節にぜひ試してみて下さい! 注:このレシピの材料は大人3人分と離乳食1食分です

  5. 離乳食もおせち料理!パウンド型で松風焼き

    大人の食事と離乳食を同時にオーブンで焼ける松風焼きは、とても簡単でおせち料理としてだけでなく普段使いにもおすすめです。食感が柔らかくなるように豆腐を入れ、赤ちゃんでも食べられるようにけしの実ではなくすりゴマとあおのりを使ったレシピを紹介します。

  6. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

ページ上部へ戻る