桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん


旨みがギュッと詰まっている桜えびの風味で醤油の味付けだけでもおいしくいただけます。柔らかくて甘みの強い春キャベツは特におすすめです。
※桜えびは離乳食には使いません。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
茹でうどん 250g(1玉)
キャベツ 40g(1枚弱)
玉ねぎ 20g(輪切り5mm)
桜えび 大さじ1
かつお節 ひとつかみ
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
醤油 大さじ1
サラダ油 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2

作り方

  1. 野菜を一口大に切ります
  2. フライパンにサラダ油をひきキャベツと玉葱、桜エビを炒めます
  3. 野菜に火が通ったら、うどんを入れてもう一度炒めます
  4. 全体の具が絡まってきたら、醤油を大さじ1をかけ味を馴染ませかつお節とごま油で香りをつけます
◎離乳食(中期):作り方
桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん 離乳食中期
①でキャベツ、玉ねぎ、茹でうどんを取り分けます
材料目安:茹でうどん10g、キャベツ5g(1/10枚)、玉葱5g(スライス5枚)
追加材料:ヨーグルト大さじ1/2
  1. ①の行程で取り分けたキャベツと玉ネギとうどんを細かく刻みます
  2. 鍋に野菜とうどんをいれ、水を入れて火にかけます。
  3. 沸騰したらザルに上げヨーグルトと混ぜ合わせます
◎離乳食(後期):作り方
桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん 離乳食後期
①でキャベツ、玉ねぎ、茹でうどんを取り分けます
材料目安:茹でうどん30g、鰹節1つまみ、キャベツ7g(1/8枚)、玉葱7g(スライス7枚)
  1. ①の行程で取り分けたキャベツと玉ネギを短いせん切りに、うどんは3cm幅に切ります
  2. 鍋に野菜とうどんをいれ、浸るくらいに水を入れて火にかけます
  3. 沸騰したら鰹節をひとつまみ入れて全体を一混ぜして火を止めます
完了期:作り方
桜エビとキャベツ玉ねぎの焼うどん 離乳食完了期
③でキャベツ、玉ねぎ、茹でうどんに薄味をつけて取り分けます
材料目安:茹でうどん70g、鰹節1つまみ、キャベツ10g(1/5枚)、玉葱10g(5mm半月切り)
  1. ③まで大人と同じ行程で作ります
  2. 味付けのときに、小さじ1程度の醤油で全体を味付けします
  3. 離乳食分(玉葱、キャベツは芯をよけて)を取り分け、その後に大人用に味つけを濃くします
  4. 離乳食用のうどんを5㎝程度の長さに切り、かつお節をかけます

このレシピの注意点!

※ヨーグルトはアレルギーの心配がある為、慎重に与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

  2. 人参と大根のあっさり卵リゾット

    人参と大根のあっさりとした卵リゾットです。食が進まないときや、胃腸にやさしいものと食べたいときにささっと作れて便利です。

  3. カレイとカボチャの煮付け

    カレイは手に入りやすいお手頃な白身魚です。そして離乳食初期に与えられるタンパク質としても、お豆腐の次のおすすめタンパク質が白身魚のカレイです。今回はお鍋1つでカレイとカボチャと一緒に煮付けることができる時短レシピでもあります。

  4. 簡単!レンジでパンプリン

    炭水化物とたんぱく質がまとめてとれるうえ、電子レンジで作れるので忙しい時に嬉しい1品です。

  5. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

  6. やさしい甘さ♪鶏もも肉のリンゴ煮

    赤ちゃんも好きな甘い味付け!でも出来るだけお砂糖は控えたいと思いリンゴの甘みを生かして鶏肉をコトコト煮た体にも嬉しいメニューです♪

ページ上部へ戻る