漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ


インドの肉料理として定番なタンドリーチキンのレシピをブリで応用。もともと脂ののった柔らかい魚だから長時間漬け込む必要なし。食べたいときにさっと作っておいしくいただけます。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
ブリ 一切れ(100g)
ヨーグルト 15g(大さじ1)
カレー粉 大さじ1/2
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
小さじ1/2
大さじ1/2

作り方

  1. ブリ全体に塩を振り、3分程置いておきます
  2. その間にヨーグルトとカレー粉を合わせてよく混ぜておきます
  3. ブリから出た水分をキッチンペーパーで拭き取り、ヨーグルトカレー液に漬けます
  4. 更に3分ほど置いて、油をひいたフライパンでフタをして両面を焼きます
◎離乳食(後期):作り方
カレー風味のタンドリーブリ 離乳食後期
①で塩をふる前のブリを取り分けます
②でカレー粉と混ぜる前のヨーグルトを取り分けます
材料目安:ブリ15g(1/7切れ)、ヨーグルト大さじ1
  1. ①で取り分けたブリを②で取り分けたヨーグルトに漬け込みます
  2. 油を薄く引いたフライパンで焼きます
  3. 皮をとり除き、手づかみ食べしやすいように1cm角に切ります
完了期:作り方
カレー風味のタンドリーブリ 離乳食完了期
①で塩をふる前のブリを取り分けます
②でカレー粉と混ぜる前のヨーグルトを取り分けます
材料目安:ブリ20g(1/5切れ)、ヨーグルト大さじ2、カレー粉1/2つまみ
  1. ①で取り分けたブリを②で取り分けたヨーグルトに漬け込みます
  2. 油を薄く引いたフライパンで焼きます
  3. 皮をとり除き、手づかみ食べしやすいように1cm角に切ります

このレシピの注意点!

※ヨーグルトはアレルギーの心配があるため、慎重に与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理



関連レシピ

  1. カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ

    カボチャと鳥ひき肉のカレー風味のスープです。ココナッツミルクを使うことで、まろやかなこくが出ます。カボチャは甘味があり、離乳食でも好き嫌いが比較的少ない食材ですので、積極的に利用していきましょう。

  2. カレイとカボチャの煮付け

    カレイは手に入りやすいお手頃な白身魚です。そして離乳食初期に与えられるタンパク質としても、お豆腐の次のおすすめタンパク質が白身魚のカレイです。今回はお鍋1つでカレイとカボチャと一緒に煮付けることができる時短レシピでもあります。

  3. トマトと豚ひき肉のあっさりミートドリア風

    ケチャップ使わずに湯むきトマトを使い、ホワイトソースは片栗粉と牛乳というシンプルであっさりとした味付けのミートドリア風です。

  4. タラとほうれん草のパスタ

    冬が旬のタラはタラちりでお鍋で食べる方が多い魚ですが、淡白な白身魚ですから和洋中どんなどんなレシピにも合う魚です。今回はスパゲティの具として使います。

  5. 納豆と大根おろしのさっぱりパスタ

    納豆と大根おろしのあっさり和風スパゲッティ。忙しい時にもささっとできてさっぱりあっさり食べられる。そして栄養もたっぷり。離乳食では大根のからみが出ないように大根には火を入れてやわらかくしましょう。

  6. お刺身の盛り合わせでお刺身丼と魚の煮物

    活きのいいお刺身は大人にとってはご馳走!でも離乳食期の子にはまだ生の魚介類は早いので必ず加熱してから与えましょう。

ページ上部へ戻る