漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ


インドの肉料理として定番なタンドリーチキンのレシピをブリで応用。もともと脂ののった柔らかい魚だから長時間漬け込む必要なし。食べたいときにさっと作っておいしくいただけます。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
ブリ 一切れ(100g)
ヨーグルト 15g(大さじ1)
カレー粉 大さじ1/2
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
小さじ1/2
大さじ1/2

作り方

  1. ブリ全体に塩を振り、3分程置いておきます
  2. その間にヨーグルトとカレー粉を合わせてよく混ぜておきます
  3. ブリから出た水分をキッチンペーパーで拭き取り、ヨーグルトカレー液に漬けます
  4. 更に3分ほど置いて、油をひいたフライパンでフタをして両面を焼きます
◎離乳食(後期):作り方
カレー風味のタンドリーブリ 離乳食後期
①で塩をふる前のブリを取り分けます
②でカレー粉と混ぜる前のヨーグルトを取り分けます
材料目安:ブリ15g(1/7切れ)、ヨーグルト大さじ1
  1. ①で取り分けたブリを②で取り分けたヨーグルトに漬け込みます
  2. 油を薄く引いたフライパンで焼きます
  3. 皮をとり除き、手づかみ食べしやすいように1cm角に切ります
完了期:作り方
カレー風味のタンドリーブリ 離乳食完了期
①で塩をふる前のブリを取り分けます
②でカレー粉と混ぜる前のヨーグルトを取り分けます
材料目安:ブリ20g(1/5切れ)、ヨーグルト大さじ2、カレー粉1/2つまみ
  1. ①で取り分けたブリを②で取り分けたヨーグルトに漬け込みます
  2. 油を薄く引いたフライパンで焼きます
  3. 皮をとり除き、手づかみ食べしやすいように1cm角に切ります

このレシピの注意点!

※ヨーグルトはアレルギーの心配があるため、慎重に与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理



関連レシピ

  1. 赤ちゃんも食べられるレンジで簡単おろし納豆

    朝食の定番、納豆は忙しい時の救世主です。そこに大根おろしを添えて栄養バランスを整えます!夏の大根は辛味が強く、加熱しても苦味が出やすいため冬の時期にオススメです。

  2. ニンニク風味のカジキステーキ

    大人用メニューはこんがり焼けたニンニクの香りがカジキステーキを引き立ててくれます。カジキは手軽に手に入る切り身の白身魚ですが、離乳食としては脂質が多いので脂質の少ない白身魚(鯛やカレイなど)になれた後に与えます。

  3. フランス生まれのおかずケーキ・ケークサレ

    ケークサレは朝や昼食、ちょっと小腹がすいた時などに冷蔵庫の余った食材でさっと作れるところが魅力です。今回はかぼちゃとタマネギとパプリカでつくりました。

  4. 人参と大根のあっさり卵リゾット

    人参と大根のあっさりとした卵リゾットです。食が進まないときや、胃腸にやさしいものと食べたいときにささっと作れて便利です。

  5. ヨーグルトとカレー粉で作るあっさりカレー

    材料はヨーグルトとカレー粉、にんにく・ショウガと鳥肉、そしてミキサーでジュースにした野菜。市販のカレールーは使わない糖質オフのヘルシーなカレーです。お肉は鳥もも肉がおすすめですが、離乳食で与える場合、もも肉は脂質が多いため鳥のささみに慣れてからにして下さい。

  6. タラとほうれん草のパスタ

    冬が旬のタラはタラちりでお鍋で食べる方が多い魚ですが、淡白な白身魚ですから和洋中どんなどんなレシピにも合う魚です。今回はスパゲティの具として使います。

ページ上部へ戻る