タラとほうれん草のパスタ


冬が旬のタラはタラちりでお鍋で食べる方が多い魚ですが、淡白な白身魚ですから和洋中どんなどんなレシピにも合う魚です。今回はスパゲティの具として使います。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
乾燥パスタ 100g(一束)
タラ 70g(一切れ)
ジャガイモ 20g(1/2個)
ほうれん草 50g(1/4束)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
大さじ1
2つまみ
コショウ 少々

作り方

  1. 鍋にたっぷりの水を張り、火にかけます
  2. 沸騰したら、パスタと塩大さじ1を入れ、指定の時間の4分前にじゃが芋を加えます
  3. 茹でている間にフライパンに油をひき、たらを両面焼いて皮と骨を取りのぞき、ほうれん草を加えてしんなりするまで炒めます
  4. パスタが茹で上がったらじゃがいもとともにザルにあけ、フライパンに移し塩胡椒で味を整えます
◎離乳食(後期):作り方
 離乳食後期
②で茹でたパスタとじゃがいもののうち大人の分を取り出して残します 
③で手を加えていないタラとほうれん草の葉先を取り分けます
材料目安:乾燥パスタ20g(1/5束)、ジャガイモ15g(一口大)、タラ15g1/4切れ。ほうれん草5g(葉先3枚分)
  1. 1の大人と一緒の行程で1cm角に切ったジャガイモとパスタを茹で、4の行程で大人用パスタはすべてトングなどで取り出します
  2. キッチンばさみなどで離乳用のパスタを1/3に切り、再び鍋に戻し弱火で煮続け、ほうれん草の葉先を5mm角くらいに切ったものと鱈を入れる
完了期:作り方
 離乳食完了期
②で茹でたパスタとじゃがいもののうち大人の分を取り出して残します 
③で手を加えていないタラとほうれん草の葉先を取り分けます
材料目安:乾燥パスタ20g(1/5束)、ジャガイモ15g(一口大)、タラ15g1/4切れ。ほうれん草5g(葉先3枚分)
  1. 1の大人と一緒の行程で1cm角に切ったジャガイモとパスタを茹で、4の行程で大人用パスタはすべてトングなどで取り出します
  2. キッチンばさみなどで離乳用のパスタを1/3に切り、再び鍋に戻し弱火で煮続け、ほうれん草の葉先を1cm角くらいに切ったものと鱈を入れる

このレシピの注意点!

※鱈はアレルギーの心配がある為、少量ずつ与えます/茹で汁が濃くなっているようなら水で薄めて与える
※パスタは手づかみ食べの時は長めにして水分を切り、親が与えるなら短めにして煮汁を含めて盛り付けると良いでしょう

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

  2. パパママが麻婆豆腐の日は赤ちゃんはトロトロ豆腐あんかけ

    パパママが刺激的な麻婆豆腐の日、赤ちゃんには同じ食材を使って優しい味の豆腐あんかけはいかがですか?

  3. 卵不使用!もっちり豆腐ハンバーグ

    片栗粉をつなぎに使った豆腐ハンバーグはもっちり新食感!お豆腐入りでカロリーも抑えられるうえ中に入れる具はレンジでチンだからとっても簡単!合挽肉は脂質が多いため離乳食の中期では炒り豆腐にしましたが、鶏挽肉を使用すれば離乳食の中期でも食べられます。

  4. 離乳食もおせち料理!パウンド型で松風焼き

    大人の食事と離乳食を同時にオーブンで焼ける松風焼きは、とても簡単でおせち料理としてだけでなく普段使いにもおすすめです。食感が柔らかくなるように豆腐を入れ、赤ちゃんでも食べられるようにけしの実ではなくすりゴマとあおのりを使ったレシピを紹介します。

  5. 白菜を使ったサクふわお好み焼き

    キャベツではなく白菜を使ったお好み焼きです。サクサクふわふわな食感でジューシー。白菜の葉先は火が通りやすいので離乳食用のお好み焼きを作るときにオススメです。白菜がたくさんある季節にぜひ試してみて下さい! 注:このレシピの材料は大人3人分と離乳食1食分です

  6. レンジ調理で簡単☆焼きコロッケ

    あつあつサクサク美味しいお肉屋さんのコロッケも良いですが、お家でも簡単に作れる鶏ひき肉を使う焼きコロッケを覚えておくと、とっても便利!赤ちゃんの取り分けにも最適です。授乳中を想定して衣の薄い焼きコロッケにしていますが、普通に揚げてももちろん美味しくいただけます。

ページ上部へ戻る