カレイとカボチャの煮付け


カレイは手に入りやすいお手頃な白身魚です。そして離乳食初期に与えられるタンパク質としても、お豆腐の次のおすすめタンパク質が白身魚のカレイです。今回はお鍋1つでカレイとカボチャと一緒に煮付けることができる時短レシピでもあります。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
カレイ 1切れ(110g)
カボチャ 40g(天ぷら用スライス2枚分)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
砂糖 大さじ1/2
醤油 大さじ1
大さじ2

作り方

  1. 鍋に水1カップ砂糖、酒、醤油を入れて火にかけます
  2. 沸騰したらカレイを入れて再度沸騰させます
  3. 1cm弱の厚さにスライスした南瓜を入れます
  4. 落し蓋をしてカレイに火が通るまで煮詰めます
◎離乳食(初期):作り方
カレイとカボチャの煮付け 離乳食初期
③でスライスしたカボチャを取り分けます
材料目安:カレイ少々、カボチャ少々
  1. ③でスライスしたカボチャを取り分け、皮がついていたら皮をむきます
  2. 小さな鍋で水からカボチャを茹でます
  3. カボチャがやわらかくなったらカレイを入れて完全に火を通します
  4. 湯から取り出したカボチャとカレイをすりつぶします
◎離乳食(中期):作り方
カレイとカボチャの煮付け 離乳食中期
③でスライスしたカボチャを取り分けます
材料目安:カレイ15g(1/8切れ)、カボチャ15g(天ぷら用スライス1枚弱)
  1. ③でスライスしたカボチャを取り分け、皮がついていたら皮をむきます
  2. 小さな鍋で水からカボチャを茹でます
  3. カボチャがやわらかくなったらカレイを入れて完全に火を通します
  4. 湯から取り出したカボチャかぼちゃはあらく潰し、カレイは身をほぐします

根菜の煮付けと組み合わせて1食とする場合は、野菜の規定量を満たすので、カボチャはなくてもかまいません。

◎離乳食(後期):作り方
カレイとカボチャの煮付け 離乳食後期
③でスライスしたカボチャを取り分けます
材料目安:カレイ15g(1/8切れ)、カボチャ15g(天ぷら用スライス1枚弱)
  1. ③でスライスしたカボチャを取り分け、皮がついていたら皮をむき5mm角に切ります
  2. 小さな鍋で水からカボチャを茹でます
  3. カボチャがやわらかくなったらカレイを入れて完全に火を通します
  4. カボチャを盛りつけ、カレイは食べるときに身をほぐしながら与えます
完了期:作り方
カレイとカボチャの煮付け 離乳食完了期
③でカボチャを1㎝角に切ります
④まで大人と同じ工程で作った後、水で煮て味を落とします
材料目安:カレイ20g(1/6切れ)、カボチャ20g(天ぷら用スライス1枚)
  1. ③でスライスしたカボチャを取り分け、1㎝角に切ります
  2. ④まで大人と同じ工程で作ります
  3. 離乳食分を取り分け、小さな鍋にひたるくらいの水を入れて沸騰させて味を薄めます

このレシピの注意点!

※カボチャの皮は様子を見て与えてください

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. 体の芯から温まる栄養満点!肉豆腐

    ねぎの甘みと豚肉の旨みが詰まったボリューム満点な肉豆腐、簡単な作り方なうえ後から味をつけることで離乳食の取り分けもできる一品です! 通常下味のついた煮汁に具材を入れますが、取り分けられるように味付けは後から行います

  2. カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ

    カボチャと鳥ひき肉のカレー風味のスープです。ココナッツミルクを使うことで、まろやかなこくが出ます。カボチャは甘味があり、離乳食でも好き嫌いが比較的少ない食材ですので、積極的に利用していきましょう。

  3. レンジで簡単!野菜たっぷりのスペイン風オムレツ

    電子レンジだけで作る野菜をたっぷりのスペイン風のオムレツです。フライパン等の洗い物が出ない楽ちんレシピ!離乳食用に下味は薄いのでパパやママの分はケチャップなどで味をつけてお召し上がりください。
    ※卵はアレルギーの心配があるため、離乳食中期から完全に火を通し少量ずつ与えます。

  4. トマトと豚ひき肉のあっさりミートドリア風

    ケチャップ使わずに湯むきトマトを使い、ホワイトソースは片栗粉と牛乳というシンプルであっさりとした味付けのミートドリア風です。

  5. 片栗粉を使ったサバのムニエル

    脂ののったおいしいサバのうまみを片栗粉でぎゅっと閉じ込めます。ただサバはアレルギーが出る場合がありますので、与える時は注意する必要があります。 また離乳食には塩サバは味が濃すぎるため使いません。生のサバを使います。

  6. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

ページ上部へ戻る