ほうれん草の煮浸し


だし汁で野菜をゆでてそのまま味付けし、冷めていく過程で味をしみ込ませますので薄味でもおいしくし上がります。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
ほうれん草 80g(1/2束弱)
人参 5g(輪切り5mm)
だし汁 100cc(1/2カップ)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
みりん 小さじ1杯
醤油 大さじ1/2杯

作り方

  1. 鍋にだし汁を沸かし沸騰したら、5cm幅に切ったほうれん草と千切りにした人参を入れます
  2. 人参が柔らかくなったら火を止めます
  3. 醤油とみりんを入れ一度沸騰させて味を染み込ませます
◎離乳食(後期):作り方
ほうれん草の煮浸し 離乳食後期
②で取り分けます
材料目安:ほうれん草10g(葉先3枚分)
  1. ②の行程で人参とほうれん草の葉先を取り出します
  2. 5mm幅に切ります
完了期:作り方
ほうれん草の煮浸し 離乳食完了期
②で取り分けます
材料目安:ほうれん草15g(葉先5枚分)
  1. ②の行程で人参とほうれん草の葉先を取り出します
  2. 1cm幅に切ります

このレシピの注意点!

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理



関連レシピ

  1. 香りのよい春菊のおひたし

    シャキシャキして香りのよい春菊のおひたしです。大人にとっては香り高い冬の味覚ですが、赤ちゃんは独特な香りを好まない場合もあります。小松菜やほうれん草で代用してください。

  2. 根菜の煮付け

    ヘルシーな根菜(ゴボウと里芋と人参)の煮物を色鮮やかな緑のインゲンで彩ります。多めに作って時間をおいて食べると味が染みこんでよりおいしくなります。その際はあら熱を取ってタッパーで冷蔵庫に保存。食べる際には必ず加熱してくださいね。

  3. カブのそぼろあんかけ

    とろとろあまーいカブをひき肉のあんで旨味をさらにひき出します。カブと片栗粉のとろみでひき肉も食べやすく赤ちゃんにも嬉しい一品です。

  4. ほんのり甘酸っぱい鶏肉のオレンジ煮

    みかんの甘味・酸味がとり肉を柔らかく仕上げてくれます。人参の甘味も引き出して、やさしい味付けの肉料理です。みかんのない季節はオレンジや100%ジュースでもおいしくできますよ。

  5. ピーマンの付け合わせ

    ピーマンが子どもに嫌われる一番の理由は苦みです。でもピーマンは茹でるとその苦みが消えるのです! おいしいピーマンの離乳食でピーマン大好きなお子さんにしましょう!

  6. 鮭のちゃんちゃん蒸し

    北海道の漁師料理、鮭のちゃんちゃん焼き。今回はキャベツと玉ねぎという、熱を加えると甘味が強くなる野菜を使うことで味噌味だけでも甘さを感じられるレシピとなっています。炒め物に使う野菜なら何でもおいしくできます。

ページ上部へ戻る