カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ


カボチャと鳥ひき肉のカレー風味のスープです。ココナッツミルクを使うことで、まろやかなこくが出ます。ココナッツミルクの香りがカボチャの甘味を引き立てています。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
カボチャ 40g(天ぷら用スライス2枚)
玉ねぎ 30g(1/6個)
鳥挽肉 40g
100cc(1/2カップ) 
ココナッツミルク 100cc(1/2カップ)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
2つまみ
コショウ 少々
カレー粉 大さじ1

作り方

  1. カボチャは3cm幅の薄切り、玉ねぎは1cm角に切ります
  2. 鍋に水を張り、火にかけひき肉を崩し入れます
  3. 沸騰したらカボチャと玉葱を入れます
  4. 玉ねぎが透明になり、カボチャも柔らかくなったら塩とカレー粉を入れます
  5. ココナッツミルクも入れて再度沸騰したら塩コショウで味を整えて完成です
◎離乳食(中期):作り方
カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ 離乳食中期
④で味をつける前に具材を取り分けます
材料目安:カボチャ10g(天ぷら用スライス1/2個)、玉ねぎ10g(半月切り5mm)、鶏ひき肉15g
  1. ④で味をつける前に具材(カボチャ・玉ねぎ・鶏ひき肉)を取り分けます
  2. カボチャは皮をとり細かく刻み、玉ねぎも細かく刻みます
◎離乳食(後期):作り方
カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ 離乳食後期
④で味をつける前に具材を取り分けます
材料目安:カボチャ15g(天ぷら用スライス1個弱)、玉ねぎ10g(半月切り5mm)、鶏ひき肉15g
  1. ④で味をつける前に具材(カボチャ・玉ねぎ・鶏ひき肉)を取り分けます
  2. カボチャは皮をとり5mm角に刻み、玉ねぎも5mm角に刻みます
完了期:作り方
カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ 離乳食完了期
④で大人の分と合わせて薄い味付けをして取り分けます
材料目安:カボチャ20g(天ぷら用スライス1個弱)、玉ねぎ15g(半月切り1cm弱)、鶏ひき肉20g
  1. ④で大人の分と合わせて薄い味付けをして取り分けます。※塩少々とカレー粉2つまみ、ココナッツミルク大さじ1
  2. 沸騰したら離乳食分を取り分けて、残りの調味料で大人用の味付けをします
  3. カボチャは食べやすい大きさに崩します

このレシピの注意点!

※鳥ひき肉は豆腐や白身魚などのたんぱく質に慣れたら与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう

この料理と組み合わせるおすすめ料理


関連レシピ

  1. カレイとカボチャの煮付け

    カレイは手に入りやすいお手頃な白身魚です。そして離乳食初期に与えられるタンパク質としても、お豆腐の次のおすすめタンパク質が白身魚のカレイです。今回はお鍋1つでカレイとカボチャと一緒に煮付けることができる時短レシピでもあります。

  2. オムライス

    野菜たっぷりのチキンライスを卵でくるんで、ふんわりおいしそうなオムライスに。お子さんにもやってあげたいところですが、離乳食期のお子さんは卵は慎重に与えなければなりません。制限された食材の中でもできるだけおいしそうに飾ってあげましょう。

  3. 漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ

    インドの肉料理として定番なタンドリーチキンのレシピをブリで応用。もともと脂ののった柔らかい白味魚だから長時間漬け込む必要なし。食べたいときにさっと作っておいしくいただけます。

  4. ガッツリ食べたい牛丼からも離乳食を作ろう

    ガッツリお肉を食べたいときに牛丼はとても魅力的です。この牛丼のレシピからも離乳食はつくれます。 ※牛肉は鶏肉に慣れてから与えます。

  5. じゃが芋とサーモンフレーク

    しっかりほぐして味をなじませた鮭はまるで食べるソース!洋風の鮭フレークというイメージです。じゃがいもだけでなく、パンやクラッカーにのせても美味しく召し上がっていただけます。

  6. ほんのり甘酸っぱい鶏肉のオレンジ煮

    みかんの甘味・酸味がとり肉を柔らかく仕上げてくれます。人参の甘味も引き出して、やさしい味付けの肉料理です。みかんのない季節はオレンジや100%ジュースでもおいしくできますよ。

ページ上部へ戻る