やさしい甘さ♪鶏もも肉のリンゴ煮


赤ちゃんも好きな甘い味付け!でも出来るだけお砂糖は控えたいと思いリンゴの甘みを生かして鶏肉をコトコト煮た体にも嬉しいメニューです♪

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
鳥もも肉(皮なし) 100g
リンゴ 皮付きくし切り1切れ
玉ねぎ 1/8個(20g)
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
ひとつまみ

作り方

  1. 鶏肉は脂身を取り除き一口大に玉ねぎは5mm幅、リンゴは皮ごと良く洗っていちょう切りにする
  2. 鍋に鶏肉が浸るくらいの水を張り中火にかける
  3. 沸騰したらリンゴと玉ねぎを入れて蓋をして3分ほど煮る
  4. 鶏肉を加えて今度は蓋をせずにさらに5分煮込み塩で味をつける
◎離乳食(中期):作り方
④で塩を入れる前に取り分けます
材料目安:鳥もも肉皮なし10g、リンゴ10g
  1. 離乳食分のリンゴは皮をむいて煮ます
  2. ④の行程で味をつける前にとり分けて細かく刻みます
◎離乳食(後期):作り方
④で塩を入れる前に取り分けます
材料目安:鳥もも肉皮なし15g、リンゴ15g
  1. 離乳食分のリンゴは皮をむいて煮ます
  2. ④の行程で味をつける前にとり分けて5mm角に刻みます
◎離乳食(完了期):作り方
④で塩をいれる前に取り分けます
材料目安:鳥もも肉皮なし20g、リンゴ20g
  1. 離乳食分のリンゴは皮をむいて煮ます
  2. ④の行程で味をつける前にとり分けて1cm角に刻みます

このレシピの注意点!

※鶏肉の脂身は臭みの原因になるのできれいに取り除きます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

  2. 人参と大根のあっさり卵リゾット

    人参と大根のあっさりとした卵リゾットです。食が進まないときや、胃腸にやさしいものと食べたいときにささっと作れて便利です。

  3. カレイとカボチャの煮付け

    カレイは手に入りやすいお手頃な白身魚です。そして離乳食初期に与えられるタンパク質としても、お豆腐の次のおすすめタンパク質が白身魚のカレイです。今回はお鍋1つでカレイとカボチャと一緒に煮付けることができる時短レシピでもあります。

  4. 片栗粉を使ったサバのムニエル

    脂ののったおいしいサバのうまみを片栗粉でぎゅっと閉じ込めます。ただサバはアレルギーが出る場合がありますので、与える時は注意する必要があります。 また離乳食には塩サバは味が濃すぎるため使いません。生のサバを使います。

  5. 真鱈とほうれん草ソース

    淡白な真鱈をほうれん草のソースで食べる一皿!ゴマの風味がアクセントです。鱈と一言で言っても塩分が多いものや、脂肪分が多いものがあります。赤ちゃんのぶんと取り分けで作るときは必ず真鱈を使用しましょう。

  6. みんな大好きほくほく肉じゃが

    みんなが大好きな肉じゃが!メークインなど煮崩れない品種を使うのがオススメです。

ページ上部へ戻る