人参と大根のあっさり卵リゾット


人参と大根のあっさりとした卵リゾットです。食が進まないときや、胃腸にやさしいものと食べたいときにささっと作れて便利です。

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
ごはん 80g(おちゃわん半分)
160cc(ごはんの2倍です)
1個
人参 20g輪切り2cm
大根 40g輪切り1cm
かつお節 ひとつかみ
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
2つまみ
コショウ 少々

作り方

  1. 大根と人参を1cm角に切ります
  2. たっぷりの湯に塩ひとつまみを入れ、野菜が柔らかくなるまでゆでます
  3. 野菜が柔らかくなったらご飯を入れます
  4. もう一度沸騰したら鰹節を入れて卵を落とします
  5. フタをして卵のまわりが白くなり半熟になったら盛り付け、最後に塩胡椒でしっかりと味をつけます
  6. 卵を溶いて入れれば更に時短できますよ!
◎離乳食(後期):作り方
大根と人参の卵リゾット 離乳食後期
①の行程で離乳食用の野菜を取り分けます
材料目安:ご飯50g(茶碗1/3程度)、人参20g(輪切り1cm)、大根20g輪切り5mm、卵1/2個
  1. 人参と大根を5mm角に刻みます
  2. 1の行程で離乳食用の野菜を取り分け5mm角に切り、粥を作る行程で野菜も同時に茹でます
  3. 沸騰したら卵1/2と鰹節一つまみを入れ、卵に完全に火が通り、ご飯が赤ちゃんの食べやすい固さになるまで煮ます
完了期:作り方
大根と人参の卵リゾット 離乳食完了期
④の行程で卵を落とす前に離乳食用の食材を取り分けます
材料目安:ご飯80g(茶碗1/2程度)、人参20g(輪切り1cm)、大根20g輪切り5mm強、卵1個
  1. 4の行程で大人用の卵を落とす前に離乳食用の卵を溶いて入れ、完全に火が通ったら離乳食ぶんを取り分けます
  2. その後、大人ぶんを4の行程の卵を落とすところから作り、大人用の味付けをします

このレシピの注意点!

※卵はアレルギーの心配がある為、完全に火を通し少量ずつ与えます

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. ふわふわ卵の人参しりしり

    千切り人参と卵を炒めただけの人参しりしりですが、ご家庭によって味付けや作り方はさまざま。今回は卵と人参を別で炒めるふわふわ卵の作り方を紹介します。そして離乳食の取り分けは、中期は卵黄を後期は全卵で卵とじにしてあげましょう!

  2. レンジ調理で簡単☆焼きコロッケ

    あつあつサクサク美味しいお肉屋さんのコロッケも良いですが、お家でも簡単に作れる鶏ひき肉を使う焼きコロッケを覚えておくと、とっても便利!赤ちゃんの取り分けにも最適です。授乳中を想定して衣の薄い焼きコロッケにしていますが、普通に揚げてももちろん美味しくいただけます。

  3. 赤ちゃんも食べられるレンジで簡単おろし納豆

    朝食の定番、納豆は忙しい時の救世主です。そこに大根おろしを添えて栄養バランスを整えます!夏の大根は辛味が強く、加熱しても苦味が出やすいため冬の時期にオススメです。

  4. 漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ

    インドの肉料理として定番なタンドリーチキンのレシピをブリで応用。もともと脂ののった柔らかい白味魚だから長時間漬け込む必要なし。食べたいときにさっと作っておいしくいただけます。

  5. レバーをリンゴ煮でおいしい離乳食に!

    大人でも苦手な方が多いレバー。大変栄養価が高いため、食べてくれるととてもありがたい食材です。離乳食の場合はりんごと煮込むことでレバー独特の味わいが和らぎます。

  6. パパママが麻婆豆腐の日は赤ちゃんはトロトロ豆腐あんかけ

    パパママが刺激的な麻婆豆腐の日、赤ちゃんには同じ食材を使って優しい味の豆腐あんかけはいかがですか?

ページ上部へ戻る