コクうま和風ラタトゥイユ


だし汁を使った和風のラタトゥイユ。隠し味のお味噌でコクを出します!
※だし汁は家でとったものか、市販のものであれば必ず調味料の入っていないものを使用します

分量

材料 分量(大人一人分の分量です)
トマト 1/2個
ナス 1/2本
玉ネギ 1/4個
ピーマン 1/2個
LINEで送る

この材料をメールする

使用調味料 分量
味噌 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1/2
だし汁 100ml

作り方

  1. トマトは皮を湯むきしてざく切りにナス、ピーマン、玉ねぎは1cm角に切る
  2. 小鍋にだし汁と野菜を加え蓋をして中火にかけ、沸騰したら蓋をずらして分ほど煮る
  3. 野菜が全て柔らかくなったら火を止め味噌とオリーブオイルを加える
  4. 5分くらいおいてから盛り付けると味がしみて美味しい
◎離乳食(中期):作り方
①の工程で後から取り出しやすいようにナスとピーマンは1cm幅の縦に切り、野菜が煮えたら味をつける前に取り出します
材料目安:トマト小さじ1、ピーマン1cm幅の細切り1本、ナス1cm幅の細切り1本、玉ねぎ小さじ1
  1. ①の工程で後から取り出しやすいようにナスとピーマンは1cm幅の縦に切り皮を剥く
  2. ナスは種の部分を取り除き大人分と一緒に煮込む
  3. ③の工程に入る前に離乳食分の野菜を取り出し細かく刻む
◎離乳食(後期):作り方
①の工程で後から取り出しやすいようにナスとピーマンは1cm幅の縦に切り、野菜が煮えたら味をつける前に取り出します
材料目安:トマト小さじ1、ピーマン1cm幅の細切り1本、ナス1cm幅の細切り1本、玉ねぎ小さじ1
  1. ①の工程で後から取り出しやすいようにナスとピーマンは1cm幅の縦に切り皮を剥く
  2. ナスは種の部分を取り除き大人分と一緒に煮込む
  3. ③の工程に入る前に離乳食分の野菜を取り出し5mm角くらいに刻む
◎離乳食(完了期):作り方
①の工程で後から取り出しやすいようにナスとピーマンは1cm幅の縦に切り、野菜が煮えたら味をつける前に取り出します
材料目安:トマト小さじ1、ピーマン1cm幅の細切り1本、ナス1cm幅の細切り1本、玉ねぎ小さじ1
  1. ③の行程でオリーブオイルを加える前に取り出して1cm角に刻み、だし汁で少し薄める

このレシピの注意点!

※味噌は大豆でできています。大豆アレルギーの扱いに注意しましょう。

1、初めて与える食材は少しずつ与えましょう
2、月齢は目安です。赤ちゃんのペースを大事にしましょう
3、主食は離乳食初期10倍粥、中期7〜5倍粥、後期5倍粥、完了期5倍粥〜軟飯が目安です
4、離乳食の味付けは薄味にしましょう


関連レシピ

  1. 彩り鮮やかなスティックサラダ

    いろいろな野菜を食べるスティクサラダ、人参とインゲン卵という彩り美しく食べやすい野菜を選んでいますが、キュウリや大根、カブ等いろいろな野菜で応用ができます。もちろん離乳食の分はゆでて食べやすくしてあげて下さいね。

  2. カリフラワーと人参のサラダ

    コリコリカリカリ、ポリポリと食感が変わっていくカリフラワーの旬は11〜3月。ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという 特徴があります。味に特徴がないので、オレンジの甘さ酸っぱさ、リンゴのさわやかな甘味など果物と組み合わせると離乳食が進みます

  3. 貧血予防に!ほうれん草とじゃが芋のわさびマヨ和え

    ほうれん草が嫌いな赤ちゃんも、じゃが芋とあえて甘みを出すことで食べやすくなります。パパママはわさびの風味が良いアクセントです。男爵いもを使用していただくことで全体の馴染みがよくなるのでおすすめです! ※ほうれん草に多く含まれる鉄分は非ヘム鉄といって吸収され辛いためじゃが芋のビタミンCと一緒に摂取して吸収率をUPします。

  4. ほんのり甘酸っぱい鶏肉のオレンジ煮

    みかんの甘味・酸味がとり肉を柔らかく仕上げてくれます。人参の甘味も引き出して、やさしい味付けの肉料理です。みかんのない季節はオレンジや100%ジュースでもおいしくできますよ。

  5. 白菜と豆腐の簡単サラダ

    白菜を食べられるサイズに切ってお豆腐を載せるだけの簡単サラダ。大人は塩、醤油、ドレッシング等でいただきます。

  6. 離乳食もおせち料理!人参と大根の紅白なます

    ほんのり柚子が香る紅白なますは、おせち料理の定番です。大人の香りに赤ちゃんも挑戦してみましょう。

ページ上部へ戻る