RIPPYのレシピの使い方


■RIPPYのレシピの特長

RIPPYのレシピは

・赤ちゃんの好むあっさりした薄味
・少ない種類の材料
・手軽に作ることができる

この3つが基本コンセプトです。 大人用に味付けを濃くする場合は、離乳食を取り分けた後に調味料を足してください。

調味調についてはこちらが参考になります。

材料を増やしたり、野菜などを旬のものに変更すると、味の変化や栄養価の向上に繫がります。

そして、このレシピはあくまでも一番基本の作り方です。 料理する人が作りやすいように、赤ちゃんの好みやご家庭の味に合わせてどんどん工夫して『我が家のレシピ』を作ってください。

■RIPPYのレシピには写真がいっぱい!

「細かく刻むって、どのくらい小さくすればいいの?」

「どんなものをどんな状態で作ればいいのか、文章だけじゃわからない!」

そんなママ・パパの声にお応えして、RIPPYのレシピは離乳食の初期・中期・後期・完了期別で、できあがりの料理の写真を掲載しています。「この月齢の子はこのくらいのものを食べるんだ」と写真を見てすぐに理解できます。

■RIPPYのレシピの使い方

RIPPYのレシピはすべて大人一人分の分量です。
グラムなどの数字と同時に玉ねぎ中1/2個など、わかりやすい分量となっています。 ご家族の人数分で分量を計算してください。
下の表はそれぞれの離乳食の時期の分量目安です。離乳食の食べる量は個人差があるため、赤ちゃんの成長や状態に合わせて量を調節して下さい。

離乳食時期 大人一人分をもとにした分量
初期 ほんの少量
中期 大人食の約1/6〜1/4
後期 大人食の約1/4〜1/3)
完了期 大人食の約1/3〜1/2

※離乳食の初期については「アレルギーを見極める&食べられる食材を探す」が一番の目的であるため、少量とだけ記載しているものもあります。
※一部のレシピについては大人一人分でないものもあります。その際は注意書きがあります。

■材料・分量を指定のメールに送ることができます。

例えばパパに買い物をお願いするときに、材料・分量が簡単にメールできるととっても便利ですね!

1.分量の表の下のボタンを押すと自分のメールソフトが起動。
2.レシピの材料と分量(一人分)が自動的にコピーされています。
3.ご自宅にある材料を消して、必要なものだけを残して買い物をお願いする人(パパ)に送信。

RIPPYに質問・ご意見・ご要望をお寄せください。

悩めるママ・パパのご相談に管理栄養士がお答えします。

質問・ご意見・ご要望はメールフォームをご利用ください。


おすすめレシピ

  1. 根菜の煮付け
  2. じゃが芋とサーモンフレーク
  3. 白菜を使ったサクふわお好み焼き
  4. 漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ
  5. カボチャと鳥ひき肉のカレー風味スープ
  6. ほんのり甘酸っぱい鶏肉のオレンジ煮
  7. ねっとりもっちり・マッシュ里芋
  8. カリフラワーと人参のサラダ
  9. 鮭のちゃんちゃん蒸し
  10. ボイルキャベツのサラダ
  11. トマトとオレンジのサラダ
  12. 豚汁は離乳食の万能レシピです
ページ上部へ戻る