RIPPYとは


RIPPYは育児をがんばるママ・パパを応援するサイトです。


子育ては、親になるママ・パパも「初めて」のことばかり。
まずは育児書の通りにやってみて、赤ちゃんの様子を見ながら、成長に一喜一憂しながら、あれやこれやを工夫する毎日が続きます。
RIPPYはそんな「育児をがんばるママ・パパ」が育児が楽になる&いろんなことが効率よくできる情報を提供するサイトです。

■食の選択肢の幅が広がる離乳食期

生後5、6ヶ月までの赤ちゃんの食事はたいてい、母乳オンリー・混合・ミルクオンリー、この3つの選択肢しかありませんでした。
この状況が安定して、母乳やミルクでの育児も何とか軌道にのってきたと思ったら、今度は離乳食が始まります。

Rippyとは 赤ちゃん
離乳食とは、栄養源を母乳やミルクから普通の食品に切り替えるための準備期間で、だいたい5、6ヶ月から1歳半くらいまでとされています。
これまで「飲む」ことしかできなかった赤ちゃんは、離乳食期に食品を「食べる」ためのいろいろなことを学習をしていきます。
料理が大好きな親+何でも食べてくれる赤ちゃんなら、親子で楽しく食事の幅を広げることができます。
その一方で、わけのわからない「嫌い・イヤイヤ」の壁にぶつかるのも離乳食期が多く、新米ママ・パパの悩みの種になる場合も!

■親もいろんな選択肢を持とう!

よく食べる・あまり食べない、好き嫌いの多い・少ないなど、赤ちゃんの個性は様々です。
こういった個性はほとんどが生まれ持ったもので、親が一生懸命がんばっても食の細い子が急にたくさん食べるようにはなりません。

どんなに大人が忙しくても、赤ちゃんは数時間ごとに食事をほしがり、うんちやおしっこをして、泣きたいときに泣き、眠りたいときに眠ります。
赤ちゃんのペースに合わせることが、いろんな理由で難しい場合だってあるでしょう。
ですから親はできるだけ無理なく離乳食を続けられるように、楽をするためのいろんな選択肢を持った方がいいのです。

1.親の食事の「ついでに」離乳食もいっしょにつくる「取り分け離乳食」

材料も手間もほとんど同じだから、親もよけいな時間をかけなくてすみます。
離乳食だけわざわざ作らなくてすむから、気持ちも楽になります。

2.時間のあるときにまとめてつくっておいて小分けして冷凍保存

お粥など毎食のように食べるけど、作るのに時間がかかるものは、1週間分を作っておき、小さく小分けして冷凍保存しておきます。
食べるときにレンジでチンすればいいので、とっても楽です。

3.市販のベビーフードを上手に取り入れる

市販のベビーフード(瓶・レトルトパック・フリーズドライなど)は日持ちするものが多いので、必要なものを買いそろえておいて、疲れているときやお出かけするときに利用するととても便利。
また離乳食で少量しか使わない材料をひとつひとつ購入するより、小分けされたフリーズドライなどを使った方が経済的にも助かる場合が多いのです。

4.お買い物などパパにできることはパパに頼んで、いっしょに離乳食を進めていく。

手伝いたくても何を手伝えばいいのかわからないパパに、手軽にわかりやすくお買い物をお願いできたらいいですよね。
RIPPYのレシピは材料&分量を手軽にメール&Lineができます。

時間ができて気持ちが楽になると、赤ちゃんのペースに合わせていろんなことにチャレンジできたり、笑顔が増えたり…と、いいこといっぱいです。

RIPPYに質問・ご意見・ご要望をお寄せください。

悩めるママ・パパのご相談に管理栄養士がお答えします。
質問・ご意見・ご要望はメールフォームをご利用ください。


おすすめレシピ

  1. タラとほうれん草のパスタ
  2. 豚汁は離乳食の万能レシピです
  3. トマトと豚ひき肉のあっさりミートドリア風
  4. 漬け込み時間3分のタンドリー・ブリ
  5. ほうれん草の煮浸し
  6. ほんのり甘いキャベツとサツマイモの味噌汁は離乳食にピッタリ
  7. ピーマンの付け合わせ
  8. ニンニク風味のカジキステーキ
  9. オムライス
  10. ボイルキャベツのサラダ
  11. 納豆と大根おろしのさっぱりパスタ
  12. 香りのよい春菊のおひたし
ページ上部へ戻る